ラッカは「死の落とし穴」:米主導の連合軍がシリア市民1600人以上を殺害とアムネスティ

アムネスティ・インターナショナルと「エアウォーズ」(Airwars-空爆による軍事活動の民間人への危害をモニタリングし査定する組織)が実施した大型調査によれば、米主導の連合軍は2017年、シリアの都市ラッカから自称イスラム国(IS)過激派を追い出すための作戦で民間人1600人以上を殺害しました。連合軍は数千回の空爆と数万回の砲撃をラッカに向けて行いました。この砲撃の数はベトナム戦争以来最も多いものとなっています。当時、米国はこれを「史上最も正確な攻撃」だと主張していました。アムネスティ・インターナショナルの主任捜査員ドナテラ・ロベラに話を聞きます。彼女は米国および連合国が、市民に大量の犠牲者が出たことをきちんと調査するよう求めています。ロベラはアムネスティ・インターナショナルの上級危機対応アドバイザーです。新たな調査報告書はRhetoric versus Reality: How the 'most precise air campaign in history' left Raqqa the most destroyed city in modern times(『建前と現実――「史上最も正確な空爆」は、なぜラッカを現代で最も破壊された都市にしたのか』)というタイトルです。(画像クレジット:アムネスティ・インターナショナル)

最近のニュース

2020/5/29(金)

  • 「あれは殺人だ」ミネアポリスは警官によるジョージ・フロイド殺害の起訴を要求し警察への資金打ち切りを求める
  • ラテンアメリカにパンデミックの中心地が移動するにつれてCOVID-19を口実にした警察による弾圧も移動
  • ソーシャルメディアを弱める大統領令にツイッター社はトランプ大統領のツイートに暴力賛美だと警告

2020/5/28(木)

  • 「正当性などない」:ジョージ・フロイド殺害の警官を殺人罪に問うことを要求して ミネアポリス市民が再び街頭に繰り出す
  • 「反撃しろ!」:ACT UPメンバーと劇作家トニー・クシュナー AIDS活動家の草分けラリー・クレーマーを追悼

2020/5/27(水)

  • ジョージ・フロイドからクリス・クーパーまで:イブラム・X・ケンディが語る、米国の黒人が直面する「人種差別テロ」
  • 感染の人種別データの追跡:イブラム・X・.ケンディ、データの向上により明らかにされる新型コロナウイルス感染の実像
  • 「おぞましき怠慢」:移民税関捜査局の拘留中にCOVID-19感染者が死亡 収容移民の大量解放を求める声が高まる

2020/5/26(火)

  • フォトジャーナリストのセバスチャン・サルガド:ブラジルの無謀なCOVID対策が先住民の生存を脅かす
  • 家にいよう、安全でいよう、親切でいよう:COVID-19 抑え込みについてニュージーランドが世界に教えられること

2020/5/25(月)

  • ノーム・チョムスキーに聞く 破滅的なトランプの新型コロナ対応、WHO、中国、ガザ、グローバル資本主義