マイケル・コーエンが有罪を認めトランプの関与を示唆 ポール・マナフォートに有罪判決 次は大統領弾劾か?

22日に衝撃の司法展開が起こり、ワシントンでは、トランプ大統領の弾劾の可能性が話題になってきています。ニューヨーク州の連邦地裁では、トランプ大統領の長年の個人弁護士であり、フィクサーであったマイケル・コーエンが、脱税、金融関連詐欺、選挙資金法違反を含む8件の罪状について検察との司法取引に応じ有罪を認めました。200マイル離れたバージニア州の連邦地裁陪審では、トランプ陣営の選対本部長であったポール・マナフォートに、脱税や金融詐欺関連の8件の罪について有罪の評決が出ました。コーエン弁護士の答弁によって、トランプ大統領は最大の司法上の危機に立たされそうです。2006年から今年までトランプのために働いてきたコーエン弁護士は、二人の女性(アダルト映画スターとプレイボーイ誌のモデル)へ違法な金銭の支払いを工作したと法廷で認めました。二人の女性がトランプと交際関係を持ったことを2016年の大統領選挙期間中に話させないための口止め料の支払いです。コーエンは、この支払が「連邦の公職をめざす候補者と調整し、候補者の指示を受けて」なされたこと、また「選挙に影響を与えることが主目的だった」ことを認めました。コーエンの弁護士ラニー・デービスはツイッター上に、「もしそうした支払いがマイケル・コーエンにとって犯罪なら、ドナルド・トランプにとって犯罪にならないはずがない」と書き込みました。国家安全保障と市民的自由を専門とする独立ジャーナリスト、マーシー・ウィーラーから詳しく聞きます。彼女はウェッブサイト「エンプティ・フイール・ネット(EmptyWheel.net)」を運営しています。

最近のニュース

2019/5/20(月)

  • 嘘だらけのジェネリック医薬品 FDAの不十分な監督と業界ぐるみの不正が患者の健康を脅かす

2019/5/17(金)

  • 州新法により中絶施術で99年の禁固刑となる可能性のあるアラバマの医師
  • 中絶容認最高裁判決が覆された場合の米国の姿とは?反中絶法続出ですでに実体験者も
  • 移民保護活動家マル・モーラ・ビリャルパンドとラヴィ・ラグビア 国外追放の脅威にも屈せず声を上げ続ける

2019/5/16(木)

  • 「シリア秘密刑務所の内側」:反対派を鎮圧したアサドの拷問機関への悲惨な証言
  • 米環境保護庁が除草剤ラウンドアップは安全と主張するも 陪審はモンサントに20億ドルの賠償金を命じる
  • プラスチック汚染削減に世界各国が大きな一歩を踏み出すも 米国は参加を拒否

2019/5/15(水)

  • アラバマ州、妊娠中絶の権利を認めた連邦最高裁判決を覆す「ステルス キャンペーン」の一環として、ほぼすべての中絶の禁じる法案を可決
  • 脅迫と送電停止にもかかわらず、首都ワシントンD.C.のベネズエラ大使館内にとどまる反クーデター活動家たち
  • メディア・ベンジャミン:イランとの戦争に反対するために反戦運動の構築が必要
  • 独裁政権打倒後、スーダンの抗議運動は軍政から民政への移管を要求

2019/5/14(火)

  • イラン爆撃というジョン・ボルトンの夢が実現? 元イラン大使が米国による軍事拡大を警告
  • 『謝罪』イブ・エンスラーの新刊は虐待的な父親が書いてくれていたらと願った手紙