『オール・フォー・ワン』 米国とロシアの障害を持つ映画製作者が共同制作した感動の新作ドキュメンタリー

米とロシア政府間の緊張は強まる一方ですが、両国の絆を深める道を、身体障害という自分たちの共通項を通じて見出した映画製作者の集団があります。8月10日にニューヨークで初公開される新作映画All For One (『オール・フォー・ワン』)は、身体障害を持つ米国とロシアの映画製作者たちが参加する「メディアに力をもらった銃士たち」(Media Enabled Musketeers)が自分たちの物語を伝えるオリジナル作品を制作する過程を追う作品です。ロシア人35人と米国人13人が協力して日常生活の問題を取り上げる映画を制作し、それを通じて自らのエンパワメント、社会の啓蒙、障害を持つ人々の機会増大をめざす姿が描かれています。彼らが制作する映画の主題には、アクセシビリティ、恋人探し、偏見との対決、理想の追求などがあります。米国で最も歴史のあるコミュニティ・メディア・センター、DCTV(Downtown Community Television Center)の共同創設者ジョン・アルパートに詳しい話を聞きます。アルパートは「メディアに力をもらった銃士たち」プロジェクトの共同代表です。同プロジェクトに参加する映画製作者ジョン・ノビックとベン・ロスロフにも話を聞きます。

最近のニュース

2020/1/21(火)

  • 見世物裁判? トランプの弾劾裁判が始まり 隠蔽工作で非難されるミッチ・マコネル
  • 投票権擁護者 「トランプの弾劾は私たちの選挙と民主主義を守るために必要」
  • アメリカ国立公文書 2017年のウィメンズマーチの写真を改ざんしトランプ批判メッセージをぼやかす
  • グレタ・ トゥーンベリがダボスで世界の指導者たちに演説 「私たちの家は今も燃えている」

2020/1/20(月)

  • 特別番組:マーチン・ルーサー・キング・ジュニア 彼自身の言葉

2020/1/17(金)

  • 「公正で完全な裁判を」 上院で歴史に残るトランプ大統領弾劾裁判が始まる
  • 4年間も処罰を求めてきました:殺された先住民環境運動指導者ベルタ・カセレスの娘が語る
  • 米国の国境ではマヤ語を話す人々への粗末で不正確な通訳が国外追放につながりかねない

2020/1/16(木)

  • 米上院で弾劾裁判開廷 トランプは弾劾裁判にかけられる史上3番目の大統領となった
  • プーチン ロシア憲法の全面的改憲を提案 自身の権力維持期間が延長される可能性も
  • もう黙ってはいられない:バーバー師と「貧者の運動」貧困についての大統領候補討論会を求める
  • 戦車とAR15自動小銃で武装した警官に空き家から追い出された「住宅を求める母親たち」が声を上げる

2020/1/15(水)

  • フィリス・ベニスが民主党討論会を論評:戦闘部隊撤退支持は終わりのない戦争を止めるのに不十分
  • サンダースとウォーレンが公然と口論、対立は民主党中道派を利すると危惧する進歩派も
  • 候補者全員が白人になった初の民主党討論会で、CNNは移民についての質問皆無
  • つつましい改善か、拒絶すべき取引か? ウォーレンとサンダース NAFTAの新改訂版について討論
  • 民主党候補による討論会 新経済計画の一環として、富裕税、公立大学無償化および学生の債務免除を議論