大統領就任後初の英国訪問 数万人の抗議者がトランプを揶揄するベビー型気球を飛ばして迎える

大統領就任後初めて英国を訪問するドナルド・トランプを、大型のデモ隊が迎えると見られています。ロンドンでは抗議者たちが、約6メートルの巨大なベビー・トランプ型気球を国会前で飛ばす予定です。この気球は、トランプ大統領がおむつ姿で携帯を片手にツイートをしようとしているオレンジ色の赤ちゃんとして描かれています。7月12日朝の会見でトランプは、英国で大規模デモが予定されているのは「構わない」、英国の人々は自分に「とても」好感をもっていると発言しました。ロンドンから、社会正義活動家でベビー・トランプ気球の準備にも関わったシーラ・メノンに話を聞きます。オクスフォードからは、イギリス人ジャーナリストで作家のジョージ・モンビオにも話を聞きます。モンビオの新著は Out of the Wreckage: A New Politics for an Age of Crisis(『瓦礫の中から生まれるもの: 危機の時代のための新たな政治』)です。

最近のニュース

2018/9/17(月)

  • カバノーの高校時代の暴行をブレイジー・フォードが告発 上院はアニタ・ヒル事件の過ちを繰り返すのか
  • フェイスブックがカバノーへの批判記事を検閲 保守メディアの「フェイクニュース」との判断をうけて
  • カバノーはロー対ウェイド判決を覆すか? カバノーの最高裁判事承認は女性の「生死にかかわる」問題
  • 警官に殺された男性の家族 「ダラス警察がジャンを中傷するのは彼を殺した警官を守るためか?」

2018/9/14(金)

  • 「気候資本主義が我々のコミュニティを破壊している」抗議者がブラウン知事の気候サミットを妨害
  • 温室効果ガスを制限する手段か 「汚染する権利」か? 排出量取引制度をめぐる論争
  • 100人以上の先住民活動家 カリフォルニア州ブラウン知事の市場原理に基づく気候変動対策を批判
  • 地球工学をめぐる論争:気候変動と闘うため地球に「ハック」を仕掛けるべきか?

2018/9/13(木)

  • ノースカロライナのラグーンには普段から数十億リットルの家畜排泄物が蓄積 ハリケーンでそれが水路に飛び散る可能性
  • 大手石炭会社が灰を貯蔵する素掘りの池を ハリケーンが直撃する見込み
  • ビル・マッキベンからジェリー・ブラウン知事へ:排出制限だけでは不十分 石油採掘は中止すべきだ

2018/9/12(水)

  • 新種の奴隷制か? カリフォルニアの山火事に時給1ドルで立ち向かう服役者たち
  • 服役者消防士として時給53セントで働いたアミカ・モタ 出所後は消防士として働くことを認められず
  • ダコタ・アクセスでの死 石油・天然ガス・ブームにより 規制緩和の中 生み出される危険なパイプライン建設の仕事 

2018/9/11(火)

  • 気候変動の影響で巨大化するハリケーン「フローレンス」 南北カロライナ両州とバージニア州で150万人が避難 
  • ジョン・ボルトンがアフガニスタンでの米国の拷問の捜査に絡み国際刑事裁判所の判事たちを威嚇
  • イスラエルの戦争犯罪を国際刑事裁判所に起訴しようとしたことでトランプ政権がパレスチナ解放機構に報復
  • 全米オープンでの性差別:セリーナ・ウィリアムズへの処遇で黒人女性が直面するあからさまなダブルスタンダードが露呈