米政府が家族再会に悪戦苦闘する中 勾留中の母親たちが子どもを見つけるために立ち上がる

トランプ大統領の「ゼロ容認」(Zero Tolerance)政策で、国境で引き離された家族の再会に米政府は悪戦苦闘していますが、勾留中のホンジュラス人の母親のひとりが、同じく拘留される母親たちと協力して自分たちの子どもたちを見つけようとしています。ニューヨーカー誌の報道によれば、メイベル・ゴンザレスは現在、自身が拘留されているテキサス州エルパソの拘留センターで子どもたちから引き離された母親たちの事例を入念に記録しています。ゴンザレス自身、トランプ政権が「ゼロ容認」政策を発表する8か月前に、十代の息子二人と引き離されました。勾留中はノートの所有が許されていないにも関わらずゴンザレスは、子どもとバラバラにされた他の母親たちの詳細について記録を取っています。ゴンザレスはその情報をエルパソ の「移民擁護センター・ラス・アメリカス」(Las Americas Immigrant Advocacy Center)」に託すことで、子どもたちの居場所を突き止めようとしているのです。移民擁護センター・ラス・アメリカス理事長で法務部長のリンダ・リバスに話を聞きます。

最近のニュース

2019/7/22(月)

  • 「関係国すべてが緊張緩和をはからなければならない」 イラン・米英間の緊張に戦争を恐れる声
  • 「今でなければいつ立ち上がる?」 ハワイ先住民 マウナケア山頂の望遠鏡建設計画に抗う
  • 米環境保護庁 殺虫剤クロルピリホスを禁止せず 子どもの脳損傷との関連性が指摘されたにもかかわらず

2019/7/19(金)

  • 反人種主義歴史家:オマル議員への攻撃は「アメリカは白人の国」という信念に根ざしている
  • 内部告発で2003年のイラク侵略をあわや止めかけた英国人女性 最新映画が描く

2019/7/18(木)

  • プエルトリコ 下劣なメールと汚職問題で ロセージョ知事の辞任を求め10万人近くがデモ
  • 「これは戦争と言うだけではない 私たちの人生なのだ」戦乱のシリアを描き称賛される貴重なドキュメンタリー『サマのために』

2019/7/17(水)

  • 「彼らはやるべき仕事をやらなかった」:エリック・ガーナーの家族は彼を死なせた警察を司法省が訴追しないことに激怒
  • アマゾンが同業他社より安値で販売を続ける中 労働者は同社に対し公正な賃金と労働条件を要求
  • 世界で一番幸せな場所? ディズニーの遺産相続人がディズニーランドの労働者酷使について批判

2019/7/16(火)

  • 「私たちのチームは大きい」下院議員のオカシオ=コルテス、オマル、タリーブ、プレスリーがトランプの人種差別攻撃を非難
  • 2020年の大統領選出馬フリアン・カストロが移民・税関捜査局(ICE)の解体を公約 トランプの新たな難民申請規則は違憲と言及
  • 大統領選出馬のフリアン・カストロがアマゾン社とマクドナルド社の労働者ストライキを支援