難民:難民作家アリエル・ドーフマンとビエト・タン・ウエンが語る移住と米国の戦争と抵抗

米国への亡命を求める数十人の中米からの流入者が米墨国境の向こう側で野営させられています。そんな中で、今日の放送は2人の米国の有名作家に話を聞きます。ふたりとも難民でした。ビエット・タン・ウエンは1971年ベトナムで生まれました。1975年にサイゴンが陥落すると、彼は家族に連れられて米国に避難しました。彼は、ピュリッツァー賞を受賞した『シンパサイザー』を含む3冊の本の著者です。彼は南カリフォルニア大学で教鞭をとっており、The Displaced: Refugee Writers on Refugee Lives(『難民:難民作家が難民人生を語る』)と題された新しい著作集を編集しました。チリ系米国人の作家で、最も偉大なラテンアメリカ系小説家と評されるアリエル・ドーフマンにも話を聞きます。彼は45年前にチリを逃れました。米国が後ろ盾のクーデターで、サルバドール・アジェンデ大統領が倒されたためです。ドーフマンは、1970年から1973年までアジェンデの文化顧問を務めていました。亡命生活を送りながら、ドーフマンはアウグスト・ピノチエット将軍を批判する最も大きな声のひとつとなりました。また、彼は劇作家や小説家としても有名になりました。現在デューク大学で教鞭をとるドルフマンは、新作の小説Darwin’s Ghosts(『ダーウィンの亡霊』)と随筆集Homeland Security Ate My Speech(『国土安全保障が私の言論を蝕んだ』)を発表しました。またThe Displaced: Refugee Writers on Refugee Lives(『難民:難民作家が難民人生を語る』)にも寄稿しています。

最近のニュース

2018/10/19(金)

  • サウジの反体制派マダウィ・アルラシード教授 カショギ失踪や米・サウジ関係などを語る
  • マダウィ・アルラシード教授「カショギ殺害に関しサウジ側の自己調査は許されない」
  • ネタニヤフ首相がイスラエルの人権団体ベツェレムを非難 自国の占領政策を国連で批判したことを受け

2018/10/18(木)

  • ウォーレン上院議員 アメリカ先住民の血筋は彼女のキャリア・アップを支援したわけではないが 他の有色人種女性の妨げにならなかったのか?
  • 先住アメリカ人 ウォーレン上院議員のDNAテストに反発 先住アメリカ人を「政治的餌」に使うのはやめろ
  • 2018年の中間選挙には 記録的数の先住アメリカ人女性が出馬

2018/10/17(水)

  • ジャマル・エルシャヤールが語る カショギの死への対応でサウジアラビアと中東の将来が決まる
  • 反体制派弾圧史 カショギ以前にも運転の権利を主張したフェミニストを標的にした過去
  • 米国が支援するイエメンでの戦争が激化する中 アラブ首長国連邦がイエメンの指導層殺害のため米国の傭兵を雇用

2018/10/16(火)

  • 対立候補による有権者抑制のなかでジョージア州初の黒人知事を目指すステーシー・エイブラムス
  • デズモンド・ミード:彼自身を含む140万人のフロリダ州元重罪犯が投票権を勝ち取ることを期待
  • アリ・バーマン:ノースダコタ州の共和党は数千人の先住民有権者たちの投票権を剥奪しようとしている
  • 『1人ゼロ票』の著者キャロル・アンダーソン:トランプは有権者抑制のおかげで2016年の大統領選に勝利した

2018/10/15(月)

  • 元サウジ政治囚 「カショギの失踪は体制批判者へのぞっとするようなメッセージ」
  • トランプ政権が国境での家族分離政策を再開か 人権団体ACLUは「人々の抗議が必須」
  • バチカン エルサルバドルのオスカル・ロメロ大司教を列聖 米国が支援する暗殺部隊に殺害