難民:難民作家アリエル・ドーフマンとビエト・タン・ウエンが語る移住と米国の戦争と抵抗

米国への亡命を求める数十人の中米からの流入者が米墨国境の向こう側で野営させられています。そんな中で、今日の放送は2人の米国の有名作家に話を聞きます。ふたりとも難民でした。ビエット・タン・ウエンは1971年ベトナムで生まれました。1975年にサイゴンが陥落すると、彼は家族に連れられて米国に避難しました。彼は、ピュリッツァー賞を受賞した『シンパサイザー』を含む3冊の本の著者です。彼は南カリフォルニア大学で教鞭をとっており、The Displaced: Refugee Writers on Refugee Lives(『難民:難民作家が難民人生を語る』)と題された新しい著作集を編集しました。チリ系米国人の作家で、最も偉大なラテンアメリカ系小説家と評されるアリエル・ドーフマンにも話を聞きます。彼は45年前にチリを逃れました。米国が後ろ盾のクーデターで、サルバドール・アジェンデ大統領が倒されたためです。ドーフマンは、1970年から1973年までアジェンデの文化顧問を務めていました。亡命生活を送りながら、ドーフマンはアウグスト・ピノチエット将軍を批判する最も大きな声のひとつとなりました。また、彼は劇作家や小説家としても有名になりました。現在デューク大学で教鞭をとるドルフマンは、新作の小説Darwin’s Ghosts(『ダーウィンの亡霊』)と随筆集Homeland Security Ate My Speech(『国土安全保障が私の言論を蝕んだ』)を発表しました。またThe Displaced: Refugee Writers on Refugee Lives(『難民:難民作家が難民人生を語る』)にも寄稿しています。

最近のニュース

2019/1/18(金)

  • ロー・カンナ民主党議員「シリアの米兵は”無防備な獲物” 米兵を帰還させる時が来た」
  • クーデター進行中? ベネズエラ外相がマドゥロ大統領引き下ろし工作への米国とブラジルの支援を嘆く

2019/1/17(木)

  • ストライキを! バーバラ・エーレンライク 米運輸保安局職員に政府閉鎖への抗議ストを呼びかける
  • 連邦政府閉鎖で 医薬品不足と食料プログラム一時停止の影響を受けるアメリカ先住民コミュニティ
  • キツネに鶏小屋の管理を任せるようなもの:トランプがEPA長官に指名した石炭業界のロビイスト アンドリュー・ウィーラーを活動家が非難

2019/1/16(水)

  • 「英国魂をかけた闘い」 テリーザ・メイ英首相のEU離脱協定案は歴史的大敗北で挫折
  • トランプ大統領が指名した司法長官候補ウイリアム・バー 公民権に関し前任者ジェフ・セッションズよりひどい?
  • 連邦地裁判事が人口統計調査で市民権の有無を問うことを阻止 決定は規則破りのオンパレードと批判

2019/1/15(火)

  • 「公教育は億万長者たちのおもちゃではない」ロサンゼルスの教師たちが民営化と低予算に反対してストライキ
  • トランプが 司法長官に指名したウィリアム・バー グアンタナモ米軍基地、大量投獄、国家安全保障局の監視について問われるか?
  • ソノラ砂漠を横断する移民への救命援助提供で実刑判決に直面するアリゾナ州の活動家

2019/1/14(月)

  • 「グローブランドの4人」 1949年のジム・クロウ時代にレイプ犯とされた男性4人をフロリダ州が死後恩赦
  • 政府機関の閉鎖が長引くなか 歳入庁(IRS)は富裕層・企業支援を続行 標的は貧しい人々