消費者に携帯電話の安全性を信じさせるために 研究結果と危険性を選定して公開したワイヤレス産業のやり方

米国では成人100人中、95人が携帯電話を所有しています。世界的には成人の3/4が携帯電話へアクセスできる時代です。ワイヤレス産業は世界で最も急成長する産業であり、2016年には年に4400億ドルの売り上げを記録しました。しかし携帯電話は安全なのでしょうか? ネイション誌の新たな調査報道によれば、大手携帯電話企業は消費者にこのことについて疑問を持ってもらいたくないようです。ネイション誌の環境問題の記者であり調査取材編集者のマーク・ハースガートに話を聞きます。ハースガートはマーク・ダウィと共にHow Big Wireless Made Us Think That Cell Phones Are Safe(「携帯電話は安全と消費者に信じさせた大手携帯会社の手口」)というタイトルの記事を執筆しました。

最近のニュース

2019/3/25(月)

  • モラー特別検察官 トランプとロシアの共謀を確認せず 司法妨害については「無罪放免ではない」
  • モラー報告書は共謀を確認せず ロシアゲートはメディアの過剰宣伝? グリーンウォルドvs.ジョンストン

2019/3/22(金)

  • 人権弁護士からトランプへ「イスラエルのゴラン高原占領は安全保障が目的ではない」
  • 「南半球を忘れるな」壊滅的なサイクロンで またしてもグローバルサウスが汚染者のツケを払う
  • 「水は命」 米中西部の洪水が気候危機の最前線に立つ先住民コミュニティを脅かす

2019/3/21(木)

  • 米国のソマリアでの秘密空爆:民間人犠牲者を出した米国に戦争犯罪の可能性とアムネスティ
  • ハイチで続く反政府デモ:米国人傭兵の役割について新たな詳細が明らかに
  • クシュナーInc.:ジャレッドとイバンカの強欲と野心が米国の外交政策を危険にさらしているとビッキー・ワード

2019/3/20(水)

  • トランプとボルソナロ ベネズエラの政権交代を後押し「フェイクニュース」という言葉を使ったメディア攻撃で意気投合
  • 拷問マシン:フレッド・ハンプトンから今日にいたるシカゴ警察の残虐行為をフリント・テイラーが語る
  • シカゴ警察の暴力のルーツ:警官たちは何十年も 非白人コミュニティを攻撃対象にしてきた

2019/3/19(火)

  • 「彼らは私たち」亡命者と移民を含む50人のモスク銃撃事件犠牲者を悼むニュージーランド
  • アメリカ自由人権協会:米国は戦争犯罪を捜査する国際刑事裁判所当局者の入国を禁止することで独裁政権のようにふるまっている
  • 軍産複合体 737マックス8型航空機の捜査で注目されるトランプとボーイング社との関係