「飢餓寸前の賃金は犯罪だ」 キング牧師暗殺50周年 1968年メンフィス清掃ストの教訓

米国では今週、マーティン・ルーサー・キング・ジュニア暗殺50周年を記念するイベントが各地で開かれています。公民権運動指導者で平和活動家のキング牧師は1968年4月4日、テネシー州メンフィスのロレーヌ・モーテルの部屋のバルコニーで銃弾に倒れました。39歳の若さでした。清掃労働者のストライキを支援するためメンフィスに滞在していたキング牧師は、清掃労働者は貧困との戦いの最前線におり、自らの新しい運動「貧者の行進」(Poor People's Campaign)に欠かすことのできない存在だと考えていました。「人々がこの豊かな国に住みながら、飢餓寸前の賃金しか受け取れないというのは犯罪だ」とキング牧師はメンフィスで人々に語りました。暗殺される直前でした。キング牧師は1960年代後半、公民権と平等を追求するためには経済格差に焦点を当てる段階に来ていると考えていました。1968年のメンフィスでの清掃労働者ストライキで重要な役割を果たした米州郡市職員連盟(AFSCME)の元財務責任者のウィリアム・”ビル”・ルーシーに話を聞きます。ルーシーは「黒人労働組合連合」(Coalition of Black Trade Unionists)の名誉会長でもあります。メンフィスからはストライキに参加していたH・B・クロケットも加わります。クロケットはメンフィス公衆衛生局で53年間働きました。

最近のニュース

2018/7/19(木)

  • 活動家やジャーナリスト弾圧で混乱するパキスタン選挙 投票前に自爆テロで犠牲者
  • PBSのイエメン報道:数百万人が飢餓に直面する中 米国製爆弾が民間人を殺害

2018/7/18(水)

  • ニカラグアの政治危機と暴力による死 カミーロ・メヒア対ジュリオ・マルティネス・エルスバーグが討論
  • マンデラの100回目の誕生日に際し マンデラの人種差別のない民主主義構想について ジェシー・ジャクソン師が回顧
  • エリック・ガーナーが警察官の締め殺されて4年 警察の責任をいまなお問う家族

2018/7/17(火)

  • 核条約について質問しようとしてトランプとプーチンの記者会見から締め出された記者にインタビュー
  • カトリーナ・バンデンヒューベル:ロシアについて報じるときに我々には「息苦しい合意」ではなく「妥協のない討論」が必要
  • ブーツ・ライリーのディストピアな風刺映画『ソーリー・トゥ・ボザー・ユー』は労働者のための反資本主義的スローガン

2018/7/16(月)

  • 米露会談 トランプとプーチンを迎えたのは大規模な抗議デモ 人権や言論の自由 気候変動対策を求め
  • トランプ・プーチン会談は「米国にとって危険」か「核大国に欠かせない重要な外交」か 識者の討論

2018/7/13(金)

  • トランプ政権はメキシコ人記者を勾留して彼の「言論の自由」を侵害した恐れありと裁判所が判定
  • 国境で我が子と引き離された親は 亡命を認められるために再び別れざるを得ないのか?
  • 英国の反トランプデモを批判するテレビ司会者を「バカ」と呼んだ活動家に聞く
  • 訪英したトランプはメイ首相を屈辱 極右政治家ボリス・ジョンソンを称賛しムスリムのロンドン市長を非難