アメリカ先住民の複数部族 トランプによるベアーズ・イヤーズ国定公園への攻撃を共同で提訴

5つのアメリカ先住民の部族が、ドナルド・トランプ大統領、ライアン・ジンキ内務長官、トランプ政権の他の何人かのメンバーに対する、彼らが言うところの歴史的な訴訟を共同で起こしました。トランプが12月5日にユタ州を訪れ、採鉱、伐採、掘削およびその他の資源採取のため、連邦政府の保護所有地を解放する計画を発表したわずか数時間後にこの行動がとられました。このトランプの計画のためには、130万エーカーのベアーズ・イヤーズ国定公園を80%以上縮小し、2つの別々の地域に分けることが必要となります。トランプはユタ州の190万エーカーのグランド・ステアーケース=エスカランテ国定公園を50%縮小するかもしれません。ベアーズ・イヤーズ国定公園は2016年に当時の大統領バラク・オバマによって指定されました。一方、ビル・クリントン元大統領が1996年、グランド・ステアーケース=エスカランテ国定公園を指定しました。こうした国定公園は、神聖な場所や遺物、歴史的な対象物を保護することを目的とした法律で、1世紀前に制定された「遺跡保存法」(Antiquities Act)によって指定されたものです。ユートマウンテンユート部族のメンバーで、「ベアーズ・イヤーズ部族間連合」(Bears Ears Inter-Tribal Coalition)の元共同議長であるレジーナ・ロペス=ホワイトスカンクと、「自然資源防衛協議会」(Natural Resources Defense Council)の戦略的対応部長であるボブ・ディーンズに話を聞きます。

最近のニュース

2018/10/19(金)

  • サウジの反体制派マダウィ・アルラシード教授 カショギ失踪や米・サウジ関係などを語る
  • マダウィ・アルラシード教授「カショギ殺害に関しサウジ側の自己調査は許されない」
  • ネタニヤフ首相がイスラエルの人権団体ベツェレムを非難 自国の占領政策を国連で批判したことを受け

2018/10/18(木)

  • ウォーレン上院議員 アメリカ先住民の血筋は彼女のキャリア・アップを支援したわけではないが 他の有色人種女性の妨げにならなかったのか?
  • 先住アメリカ人 ウォーレン上院議員のDNAテストに反発 先住アメリカ人を「政治的餌」に使うのはやめろ
  • 2018年の中間選挙には 記録的数の先住アメリカ人女性が出馬

2018/10/17(水)

  • ジャマル・エルシャヤールが語る カショギの死への対応でサウジアラビアと中東の将来が決まる
  • 反体制派弾圧史 カショギ以前にも運転の権利を主張したフェミニストを標的にした過去
  • 米国が支援するイエメンでの戦争が激化する中 アラブ首長国連邦がイエメンの指導層殺害のため米国の傭兵を雇用

2018/10/16(火)

  • 対立候補による有権者抑制のなかでジョージア州初の黒人知事を目指すステーシー・エイブラムス
  • デズモンド・ミード:彼自身を含む140万人のフロリダ州元重罪犯が投票権を勝ち取ることを期待
  • アリ・バーマン:ノースダコタ州の共和党は数千人の先住民有権者たちの投票権を剥奪しようとしている
  • 『1人ゼロ票』の著者キャロル・アンダーソン:トランプは有権者抑制のおかげで2016年の大統領選に勝利した

2018/10/15(月)

  • 元サウジ政治囚 「カショギの失踪は体制批判者へのぞっとするようなメッセージ」
  • トランプ政権が国境での家族分離政策を再開か 人権団体ACLUは「人々の抗議が必須」
  • バチカン エルサルバドルのオスカル・ロメロ大司教を列聖 米国が支援する暗殺部隊に殺害