軍部の民族浄化作戦が続行されれば すべてのロヒンギャがミャンマーから追放されかねない 支援者が警告

人道上の危機が続くミャンマーで、少数派のイスラム教徒ロヒンギャの40万人以上が、ミャンマー軍の残虐な作戦を逃れて国外に脱出しています。ヒューマン・ライツ・ウォッチによれば、ロヒンギャの家屋数万戸が焼き討ちに会い、全焼しました。破壊は、ミャンマー国内のロヒンギャの214ほどの村におよんでいます。ヒューマン・ライツ・ウォッチが公開した襲撃の前後を写した衛星写真を比較すると、ここ数週間にラクヒン州の広大な土地が破壊されたことが明らかです。先週、ゼイド・ラアド・アル・フセイン国連人権高等弁務官は、民族浄化の典型例を遂行しているとして、ミャンマー政府を非難しました。19日、ヒューマン・ライツ・ウォッチは、国連総会においてミャンマーの軍事作戦を非難するよう要請しました。一方、ミャンマーのノーベル平和賞受賞者で、現在ミャンマーの事実上の大統領であるアウン・サン・スー・チーは、この暴力行為に対する対処をめぐり厳しい批判を浴びています。2016年、スーチーは、ミャンマーで高く評価されている国民的指導者として国連総会に出席しましたが、今年は、ロヒンギャに対するミャンマー軍の弾圧に関する質問を避けるため、総会への出席をみあわせました。19日にミャンマー国内でテレビ放送された演説で、スー・チーは軍批判を拒否し、また、民族浄化に対する国連の非難に応えませんでした。The Rohingyas: Inside Myanmar's Hidden Genocide.(『ロヒンギャ:ミャンマーの隠された虐殺』)の著者であり、グローバル・ポリシー・センター(Center for Global Policy)の上席研究員でもある、アジーム・イブラハムと話します。

最近のニュース

2019/8/22(木)

  • ウォーレンはアメリカ先住民に謝罪 サンダースは「ウンデット・ニーの虐殺」で米軍兵士に与えられた名誉勲章を取り消すと約束
  • 2020年の大統領選候補者 アメリカ先住民フォーラムで 歴史的なトラウマ 行方不明の先住民女性の問題などについて語る

2019/8/21(水)

  • 砂漠を超えようとした移民の死を追悼するために ソノラ砂漠に十字架を設置するアーティスト、アルバロ・エンシソ
  • ニューヨーク州の児童被害者法が施行され 数日で500件を超える訴訟が起こされた

2019/8/20(火)

  • エリック・ガーナーの娘エメラルド・ガーナー パンタレオの解雇は「ずっと前にされるべきだった」
  • トランプがアンティファを犯罪者にしようとする一方 ポートランドはプラウド・ボーイズやその他の極右集団を拒絶
  • アフガン政府抜きの米国とタリバンとの和平交渉が続くなか 複数の爆弾殺人がアフガニスタンを破壊

2019/8/19(月)

  • 移民支援活動家スコット・ウォーレン 重罪に問われるも活動継続を宣言
  • 「人道支援は犯罪ではない」 砂漠に飲み水を置く「ノー・モア・デス」の移民支援ボランティア
  • 「彼らはかけがえのない、大事な人」 国境地帯で発見された遺体の身元を調べるグループ

2019/8/16(金)

  • イスラエルは何を隠そうとしているのか?西岸地区へのタリーブ議員とオマール議員の公式訪問を阻止
  • 大規模な土地強奪 米国黒人から何100万エーカーもの土地を奪った連邦法