独占報道: 移民活動家ラビィ・ラグビア 国外退去の恐れもある 定期出頭前にインタビューに応じる

アップデート: 数百名の支援者に囲まれ移民税関捜査局(ICE)との定期的なミーティングに出頭したラヴィ・ラグビアは、その後、解放されました。デモクラシー・ナウ! によるフェイスブック・ライブ中継はこちら。(https://www.facebook.com/democracynow/videos/10155067024968279/)

ニューヨークで最も著名な移民権利保護活動家のひとりが、米国の地で自由でいられる最後の日となるかもしれない今日、インタビューに応じました。ラビィ・ラグビアは、「ニューヨーク新サンクチュアリ連合」(New Sanctuary Coalition of New York City)の事務局長です。本日3月9日の朝この放送が終了次第、ラグビアはニューヨークの移民税関捜査局に定期的なチェックのため出頭します。そのまま拘束される恐れがあるにも関わらず、ラグビアは会合に出向く予定です。ラグビアは25年以上前にトリニダード・トバゴから合法的に米国に移民しましたが、2001年に有線通信不正行為で有罪となったことでグリーンカード(永住ビザ)が再検討の対象となりました。ラグビアは米国市民と結婚し米国生まれの娘もあるにも関わらず、政府は彼のビザの正常化を拒否しています。2月、ラグビアは、「ニューヨーク州黒人およびプエルトリコ人議員協会」(New York State Association of Black and Puerto Rican Legislators)から「自らのコミュニティの充実を図るために尽力」する人物に与えられる「卓越した移民賞」(Immigrant Excellence Award)を授与されたばかりでした。

最近のニュース

2019/8/15(木)

  • メトロポリタン矯正センターでの恐怖:ジェフリー・エプスタイン死亡の数十年前から知られていた 「グーラグ」強制収容所のような環境
  • ジェフリー・エプスタインは死亡したが 彼の遺産権への民事訴訟は継続すると公民権弁護士
  • 児童被害者法:ニューヨーク州が性的虐待への時効を延長 被害者数百人が訴訟を起こす

2019/8/14(水)

  • 「富める者を与えよ」 トランプ政権は米国の移民受け入れを「大規模に」変えようとしていると移民記者が指摘
  • 「米国が支持する麻薬国家」 ホンジュラスの犯罪と汚職が移住を煽っている
  • シスター・ヘレン・プレジャンの新回顧録『リバー・オブ・ファイアー』 数十年にわたる死刑との闘いに思いを馳せる

2019/8/13(火)

  • 「今日リンチ集団が必要なのは自動小銃だけ」イブラム・X・ケンディが語る白人至上主義暴力
  • イブラム・X・ケンディ 人種差別を増殖させるIQテストや大学進学適正試験の点数、その他の“知能”テスト
  • 反人種主義者になる方法 イブラム・X・ケンディが語るがんと闘うように人種差別と闘う必要がある理由

2019/8/12(月)

  • ジェフリー・エプスタイン死亡 被害者はエプスタインの性的人身売買の人脈調査の続行を求める
  • 香港国際空港でデモ隊が座り込み 全出発便が欠航
  • 「次はクレムリンだ」 モスクワの抗議がなぜプーチン大統領を心配させているか

2019/8/9(金)

  • ミシシッピ州の工場で労働条件改善の闘争の後にICEの一斉検挙 学童が家に取り残される
  • 気候変動のスーパーサイズ化 畜産が土地を破壊し重要な水資源を枯渇させると国連が警告
  • モンサントはジャーナリストや活動家はおろか歌手ニール・ヤングまで監視していた 新証拠で判明