無人機攻撃による人質死亡でオバマ大統領謝罪 米国は誰を殺しているか知っているのか 

パキスタンでの米国無人機による攻撃でがアルカイダの人質2人が誤って殺害されたと伝えられています。ホワイトハウスは、米政府の契約業者ウォーレン・ワインスタインとイタリア人の援助活動家ジョバンニ・ロポルが、1月にアフガニスタンとパキスタンの国境地帯で死亡したと発表しました。23日、オバマ大統領はこの失敗した作戦の「全責任」は自分にあるとし、今回のことは非常に遺憾な痛ましい損失であると表現しました。ホワイトハウスによると、この作戦により米国人アルカイダ指導者のアハマド・ファルークも殺害したと伝えられています。別の攻撃では別の米国人アルカイダメンバーのアダム・ガダーンも死亡したとしています。何百時間もの監視にも関わらず、ホワイトハウスはこの攻撃中に米国人とイタリア人の人質らがアルカイダの収容所に拘束されていたと信じるのに十分な根拠は何もなかったとしています。アメリカ自由人権協会(ACLU)の副法務部長のジャミール・ジャファーは「どちらの攻撃でも実際に誰を殺しているか政府は知らなかったのです。昨日の発表によって、これらの攻撃を政府が統制している規制を問題視する理由がさらに増えました」とい言います。イエメンで起きた米国無人機攻撃による一般市民殺害を記録した新たな報告が発表された直後にこの作戦失敗が発覚しました。

最近のニュース

2017/6/27(火)

  • 上院共和党の医療保険法案によって年間死者数は2万8600人増加し2200万人が無保険に
  • 合憲性の判決の前に最高裁がトランプの入国禁止令の施行を部分的に容認
  • 教会と州についての主要な判決で最高裁が宗教法人を支持
  • 最高裁 9.11後のイスラム教徒の一斉逮捕でブッシュ政権の高官の責任否定
  • ダリア・リスウィック 「ニール・ゴーサッチ判事はアントニン・スカリアより「さらに右寄り」であることを証明」

2017/6/26(月)

  • 米国に入国を禁止されたことのあるインドのモディ首相 トランプ大統領とホワイトハウスで会談 
  • アルンダティ・ロイが語る インドでのヒンドゥー右派の台頭 グジャラート虐殺 エドゥアルド・ガレアーノへの敬愛
  • ミシシッピー州ジャクソン市のルムンバ新市長 「地球上で一番ラディカルな都市を作る」

2017/6/23(金)

  • 共和党の医療保険制度法案は貧困層と中流層のセーフティーネット破壊による富裕層への減税
  • 米国家族計画連盟への資金廃止 共和党は中絶の必要をなくする事業を縮小するつもりか
  • 医療保険の大幅縮小ではなく 単一支払制度の国民皆保険への支持が増加
  • 南スーダン政府は民族浄化に積極的に関与し アフリカ最大の難民危機を引き起こすのか?

2017/6/22(木)

  • イエメンで戦争が激化する中 サウジ国王が戦争の立役者である自分の息子を皇太子に昇格
  • 戦争からコレラに至るまで 世界最大の人道的危機に直面するイエメン
  • UAEが運営する複数の秘密刑務所で行われた拷問に 米国も関与
  • 79人が死亡したロンドンの高層住宅火災 移民や低所得労働者向け住宅の火災は 緊縮財政と怠慢が原因と非難される