誰が「イスラム国」に資金提供しているのか? ISISの成功の鍵といわれる湾岸石油産出国の個人寄付者たち

「イスラム国」(Islamic State)を自称する武装集団による3日に渡る攻撃で、少なくとも220名のアッシリア人キリスト教徒がシリア北部の村から拉致されました。一方、数本の斬首ビデオに登場した「ジハーディ・ジョン」(Jihadi John)と呼ばれる、「イスラム国」の戦闘員は、クエート生まれでロンドンに住んでいたことのあるモハメド・エムワジと特定されました。他方、米国主導の連合勢力による2回の空爆で、少なくとも市民20人を含む、40人近くがイラクで死亡したと報道されています。さらに、2月第4週、ユネスコ(UNESCO)は、8000点以上の希少本と写本を所蔵するモスル公共図書館を破壊した「イスラム国」を非難。ユネスコは同事件を「人類史上、最悪の図書館の収蔵資料破壊行為のひとつ」と表現しました。2月26日、モスル博物館内部で「イスラム国」のメンバーが古代美術を破壊しているらしき場面が映された動画が、ネット上にアップされました。その動画には、男たちが彫像を倒し、大型ハンマーやドリルを使い美術品を破壊する様子が収められていました。ガーディアン紙の報道によれば、破壊された作品のひとつは、紀元前9世紀まで遡る、翼をもった牛型のアッシリア守護神像でした。イラクからの中継で、インディペンデント紙中東担当記者パトリック・コバーンに話を聞きます。コバーンの新著はThe Rise of Islamic State: ISIS and the New Sunni Revolution(『「イスラム国」の台頭――ISISと新たなスンニ派革命』)です。

最近のニュース

2020/4/6(月)

  • パンデミックでも「12時間勤務5回で1枚のマスク」 ハーレム病院の看護師が感染防止の改善を要求
  • 「ここで死なせないでほしい」:刑務所内の感染率が急上昇 受刑者が釈放と保護を求める
  • セント・ジョン・ディバイン大聖堂がコロナでキリスト教原理主義グループと協力 司教が説明

2020/4/3(金)

  • 「私たちの身体が危険にさらされている」 コロナ感染死の激増でニューヨーク市の看護師は防護装備を要求する
  • ウイルス感染の蔓延に伴い権威主義も拡大:フィリピンの外出禁止で暴力行使も辞さないドゥテルテ大統領
  • 台湾が新型コロナを封じ込めた秘訣:迅速な初動、テクノロジー、数百万枚のフェイスマスク
  • 移民コミュニティを護れ:米国境の移民キャンプやICE収容施設で致命的なコロナ感染発生に懸念急増

2020/4/2(木)

  • COVID-19に揺れる米国で トランプがギリアド社の税金投入治療薬の独占特許を維持するため 規制を停止
  • 「ソーシャル・ディスタンスは恵まれた人たちの特権」:感染拡大で13億人がロックダウン状態にあるインドで 社会的階級の分断が明らかに
  • 「検査キットが足りない」:パンデミックが拡大する中 南半球の発展途上国では最悪の事態を想定

2020/4/1(水)

  • 「人より利益」:UPS労働者、会社は労働者に新型コロナウィルスの検査で陽性反応が出ても安全を優先しないと批判
  • 病院が限界に達するなか、妊娠中の人々はパンデミック下で一層の不安に直面
  • 「ハッシュタグ・家賃をキャンセルせよ!」(#CancelRent):新型コロナウィルスによる失業急増のなか、賃借人たちが家賃救済を要求し、ストライキを組織

2020/3/31(火)

  • アブドゥル・エル=サイード医師 「新型コロナウイルスの一番の被害者は人種差別と貧困に喘ぐコミュニティ」
  • 「私の人生は粉々になった」ジョー・バイデンの元部下タラ・リードが1993年に彼に性的暴行されたと発言