エルズバーグと当事者が語る 『ペンタゴン・ペーパーズ』がビーコン・プレスから出版された経緯

1972年、ビーコン・プレスはペンタゴン・ペーパーズ(ベトナム戦争に関する国防総省の機密文書)の全文を初出版した件で米政府から告発され、最高裁で敗訴しました。1971年6月にニューヨーク・タイムズ紙がこの最高機密文書の抜粋を掲載した経緯はいまではよく知られていますが、ユニテリアン・ユニバーサリスト協会傘下の零細非営利出版社であるビーコン・プレスが、米国のベトナム戦争関与の歴史の真相を暴露する7000ページの全文書を出版した経緯については、あまり知られていません。ビーコン・プレスはこの出版により2年半に及ぶ嫌がらせや恫喝の嵐に巻き込まれ、破算寸前に追い込まれ、刑事訴追の可能性もありました。この事件の全体像はこれまでほとんど語られることがありませんでした。エイミー・グッドマンは2007年にオレゴン州ポートランドでユニテリアン・ユニバーサリストが主催した「ペンタゴン・ペーパーズの出版を記念し、今日におけるその意味を問う」イベントで司会を努めました。本日は、この大事件の渦中にいた3人の中心人物が、同イベントで語った話をお届けします。その3人とは、まずはダニエル・エルズバーグ、国防総省およびランド研究所の元分析官で、ペンタゴン・ペーパーズをニューヨーク・タイムズ紙に漏洩した高名な内部告発者本人。次に元アラスカ州選出上院議員で大統領候補でもあったマイク・グラベル。彼は入手したペンタゴン・ペーパーズを下院小委員会の米国議会記録に記載させ、さらにビーコン・プレスに持ち込んだ劇的ないきさつを語っています。3人目はユニテリアン・ユニバーサリスト協会の元会長ロバート・ウエストです。ヘンリー・キッシンジャーから「世界で最も危険な男」と呼ばれたエルズバーグの話から始めましょう。

☆2007/7/2(月)放送分の動画は字幕つきで完全版を見ることができます。抱腹絶倒ですので、ぜひ →

・ペンタゴン・ペーパーズ(ベトナム機密文書)を世に出した3人の男たち 1:ダニエル・エルズバーグ
・ペンタゴン・ペーパーズ(ベトナム機密文書)を世に出した3人の男たち 2:マイク・グラベル
・ペンタゴン・ペーパーズ(ベトナム機密文書)を世に出した3人の男たち 3:ロバート・ウェスト
放送日:

最近のニュース

2020/5/28(木)

  • 「正当性などない」:ジョージ・フロイド殺害の警官を殺人罪に問うことを要求して ミネアポリス市民が再び街頭に繰り出す
  • 「反撃しろ!」:ACT UPメンバーと劇作家トニー・クシュナー AIDS活動家の草分けラリー・クレーマーを追悼

2020/5/27(水)

  • ジョージ・フロイドからクリス・クーパーまで:イブラム・X・ケンディが語る、米国の黒人が直面する「人種差別テロ」
  • 感染の人種別データの追跡:イブラム・X・.ケンディ、データの向上により明らかにされる新型コロナウイルス感染の実像
  • 「おぞましき怠慢」:移民税関捜査局の拘留中にCOVID-19感染者が死亡 収容移民の大量解放を求める声が高まる

2020/5/26(火)

  • フォトジャーナリストのセバスチャン・サルガド:ブラジルの無謀なCOVID対策が先住民の生存を脅かす
  • 家にいよう、安全でいよう、親切でいよう:COVID-19 抑え込みについてニュージーランドが世界に教えられること

2020/5/25(月)

  • ノーム・チョムスキーに聞く 破滅的なトランプの新型コロナ対応、WHO、中国、ガザ、グローバル資本主義

2020/5/22(金)

  • アーマド・アーベリ殺害事件で第3の白人男性容疑者が逮捕される 司法省はヘイトクライムとして起訴を検討中
  • 警察署長の引退表明を受けFBIがブレノア・テイラー射殺事件の捜査に乗り出す
  • 下痢、脱水症、飢餓、消耗:インドではコロナ封鎖で農村部の貧困層が最も被害を受ける
  • マイク・デイビス:パンデミック最中に50州の封鎖解除で労働者は収入と健康のあいだの「ソフィーの選択」に直面