「すべての戦争を始めるための戦争」:25年前の米国によるパナマ侵攻がその後の戦争の準備を整えたのか?

2014年12月は、米国主導のパナマ侵攻25周年です。1989年12月20日、ジョージ・H・W・ブッシュ大統領は、かつて米の協力者であったパナマの指導者マヌエル・ノリエガに対する麻薬密売罪の逮捕状を執行する「ジャスト・コーズ作戦」を発動しました。この攻撃期間中、米国は、ニューヨーク市警察よりも小さな規模の軍隊を持つ国に対して、高性能な兵器と航空機で装備された2万4000人の部隊を投入しました。パナマ侵攻と、いかにそれがその後の米国の軍事侵攻のテンプレートになったかについて、3人のゲストに話を聞きます。パナマの元外交官であるハンベルト・ブラウン、ニューヨーク大学のラテンアメリカ史の教授でThe Empire of Necessity: Slavery, Freedom, and Deception in the New World(『必然の帝国:新世界の奴隷制度、自由、そして欺瞞』)の著者であり、ネット誌「トム・ディスパッチ」(TomDispatch)の新記事”The War to Start All Wars: The 25th Anniversary of the Forgotten Invasion of Panama”(「全ての戦争を始めるための戦争:忘れられたパナマ侵攻25周年」)を執筆したグレッグ・グランディン、コリン・パウエル元国務長官の元首席補佐官であるローレンス・ウィルカーソン大佐です。

最近のニュース

2020/5/28(木)

  • 「正当性などない」:ジョージ・フロイド殺害の警官を殺人罪に問うことを要求して ミネアポリス市民が再び街頭に繰り出す
  • 「反撃しろ!」:ACT UPメンバーと劇作家トニー・クシュナー AIDS活動家の草分けラリー・クレーマーを追悼

2020/5/27(水)

  • ジョージ・フロイドからクリス・クーパーまで:イブラム・X・ケンディが語る、米国の黒人が直面する「人種差別テロ」
  • 感染の人種別データの追跡:イブラム・X・.ケンディ、データの向上により明らかにされる新型コロナウイルス感染の実像
  • 「おぞましき怠慢」:移民税関捜査局の拘留中にCOVID-19感染者が死亡 収容移民の大量解放を求める声が高まる

2020/5/26(火)

  • フォトジャーナリストのセバスチャン・サルガド:ブラジルの無謀なCOVID対策が先住民の生存を脅かす
  • 家にいよう、安全でいよう、親切でいよう:COVID-19 抑え込みについてニュージーランドが世界に教えられること

2020/5/25(月)

  • ノーム・チョムスキーに聞く 破滅的なトランプの新型コロナ対応、WHO、中国、ガザ、グローバル資本主義

2020/5/22(金)

  • アーマド・アーベリ殺害事件で第3の白人男性容疑者が逮捕される 司法省はヘイトクライムとして起訴を検討中
  • 警察署長の引退表明を受けFBIがブレノア・テイラー射殺事件の捜査に乗り出す
  • 下痢、脱水症、飢餓、消耗:インドではコロナ封鎖で農村部の貧困層が最も被害を受ける
  • マイク・デイビス:パンデミック最中に50州の封鎖解除で労働者は収入と健康のあいだの「ソフィーの選択」に直面