ペルーでの環境保護は命がけ:国連気候サミット開催国は 環境保護活動家にとり 世界でも危険度の高い場所

国連気候サミットがペルーで行われていますが、同国は環境保護活動家にとって、世界第4位の危険度です。9月だけでも4名の活動家が殺害されました。ペルーのアマゾン熱帯雨林地域の奥地では、先住民活動指導者のエドウィン・チョタが、同地域でおこなわれている違法伐採対策についてブラジルで行われる会合に向かう途中、待ち伏せのうえ襲撃されるという残酷な事件がありました。違法伐採関係者たちは、チョタおよび、一緒にいた活動仲間のホルヘ・リオス、フランシスコ・ピネド、レオンシオ・キンティシマを殺害の上、死体を切断したとされています。ペルーでは2002年以来、チョタを含め、少なくとも57人の環境保護活動家が暗殺されています。ペルー政府は先日、森林保護を後退させる法案を通過させ、それによってこうした事件が増加しています。「グローバル・ウィットネス」(Global Witness)の一員として環境管理運動を行い、新たな報告書Peru’s Deadly Environment(「ペルーの命がけの環境保護」)を執筆したクリス・モイに話を聞きます。

最近のニュース

2020/5/29(金)

  • 「あれは殺人だ」ミネアポリスは警官によるジョージ・フロイド殺害の起訴を要求し警察への資金打ち切りを求める
  • ラテンアメリカにパンデミックの中心地が移動するにつれてCOVID-19を口実にした警察による弾圧も移動
  • ソーシャルメディアを弱める大統領令にツイッター社はトランプ大統領のツイートに暴力賛美だと警告

2020/5/28(木)

  • 「正当性などない」:ジョージ・フロイド殺害の警官を殺人罪に問うことを要求して ミネアポリス市民が再び街頭に繰り出す
  • 「反撃しろ!」:ACT UPメンバーと劇作家トニー・クシュナー AIDS活動家の草分けラリー・クレーマーを追悼

2020/5/27(水)

  • ジョージ・フロイドからクリス・クーパーまで:イブラム・X・ケンディが語る、米国の黒人が直面する「人種差別テロ」
  • 感染の人種別データの追跡:イブラム・X・.ケンディ、データの向上により明らかにされる新型コロナウイルス感染の実像
  • 「おぞましき怠慢」:移民税関捜査局の拘留中にCOVID-19感染者が死亡 収容移民の大量解放を求める声が高まる

2020/5/26(火)

  • フォトジャーナリストのセバスチャン・サルガド:ブラジルの無謀なCOVID対策が先住民の生存を脅かす
  • 家にいよう、安全でいよう、親切でいよう:COVID-19 抑え込みについてニュージーランドが世界に教えられること

2020/5/25(月)

  • ノーム・チョムスキーに聞く 破滅的なトランプの新型コロナ対応、WHO、中国、ガザ、グローバル資本主義