暴動は声を聞いてもらえない人々の言葉:人種間正義を求める闘いで続くファーガソンの抗議行動

「あなた方の前に立って暴動を非難するだけでは十分ではありません。我々の社会に存在する不確かで耐え難い状況をもまた、同時に非難しなければ道徳的に無責任なことになるでしょう。こうした状況が、世間の注意を引くためには暴力的な反逆行為をするしか他に方法がないと人々が感じる原因をもたらしているのです。そして今夜私は、暴動というのは声を聞いてもらえない人々の言葉なのだと言わなければなりません」。これは、マーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師が、彼が暗殺される数週間前の1968年3月に行った演説の中の言葉です。マイケル・ブラウンを射殺した警官ダレン・ウィルソンの不起訴という大陪審の決定を受けた一晩の抗議行動の後、翌日の11月25日もファーガソンの一部では前夜の火災が治まっていません。ファーガソンにある少なくとも十数の店が押し入られ、火を付けられました。多くの商店は消防隊が到着するまでの数時間燃え続けました。「友和会」(Fellowship of Reconciliation)のオサジフォ・セコウ牧師と、コネチカット大学のアフリカ研究所の所長でニューヨーカー誌の寄稿者であるジェラニ・コブから話を聞きます。「100日以上の間、[ファーガソンの抗議者たちは]この事件に対する姿勢として主に非暴力を貫いてきました」と、セコウは言います。「彼らは体制側にチャンスを与えました。しかし体制側は彼らの心を踏みにじったのです」。

最近のニュース

2019/9/20(金)

  • 「若者はもうがまんの限界」グローバル気候ストライキの青年活動家が今日行進をする理由
  • アフガン青年 初の国連ユース気候サミットに参加が決まるも米国はビザ発給を拒否
  • ケルシー・ジュリアナ対米国 気候変動危機で連邦政府を訴える若い女性に聞く

2019/9/19(木)

  • アムネスティ・インターナショナル事務総長:気候変動危機は人類への「死刑宣告」 指導者たちには行動する政治的決意が必要
  • 元独裁者をレイプで告発 ガンビアのMeToo運動のきっかけを作ったビューティー・クイーンにインタビュー

2019/9/18(水)

  • イスラエル総選挙、決着は未だ不明「究極の敗者」はパレスチナ人
  • 全米自動車労組(UAW)のストライキが3日目に突入、労働者5万人がゼネラル・モーターズ(GM)に何十億ドルにおよぶ利益の分配を要求
  • 『打ち倒されて、奮い立ち』:スティーブン・グリーンハウスが語るアメリカ労働者の過去、現在、未来

2019/9/17(火)

  • ナオミ・クライン 気候危機には根本的な変化が必要 紙製のストローは一時しのぎで解決策ではない
  • 『オン・ファイヤー』 ナオミ・クライン 新刊でグリーン・ニューディールが地球を救うと論証
  • ナオミ・クライン グレタ・トゥーンベリは気候正義のための闘いの「予言的な声」
  • エコファシズム:ナオミ・クラインが警告 極右の白人至上主義包摂は気候危機と関連あり

2019/9/16(月)

  • サウジの石油施設攻撃 米国とイランを含む「広範囲の地域戦争」になる恐れ
  • 「われわれメディアは仕事を怠ってきた」 250以上のメディアが気候危機の報道強化を約束
  • 「生物学的絶滅だ」 アラスカの北極圏野生生物保護区で石油・ガス採掘を解禁する危険