「リーダー達は当てにならない」: 国連気候変動サミットでの実行力のなさを受けて、民衆が主導権を握る運動が始まる

史上最大の「民衆の気候マーチ」(People’s Climate March)から2日後の23日、120カ国以上の世界の指導者達が1日のみの国連気候変動サミットのためニューヨークに集まりました。これは2015年にパリで開催予定の200カ国による気候変動サミットに先立ち開かれたものです。パリでは代表団が地球温暖化ガス削減の最終合意を試みる予定です。一連の演説では、指導者達は地球温暖化を遅らせ、海洋温度上昇を2℃以下にとどまらせることへの同意を示しましたが、同意には法的拘束力はありません。さらに中国、インド、ロシアなど最大炭素排出国の指導者達は、このサミットに参加しませんでした。しかし、このサミットで結ばれた誓約の中で一つ注目できるのは、30カ国以上が2030年までに森林破壊を終わらせるという最終期限を設けたことです。うまくいけば、毎年約80億トンの温室効果ガスを削減できることになります。これは世界中の10億台の車の排気ガスに匹敵する数字です。しかし、世界で最大の連続熱帯雨林を持つブラジルは、自国の法律と目標に抵触するという理由で署名を拒否しました。本日は二人のゲストをお迎えしています。ビアンカ・ジャガーは、国際自然保護連合(International Union for Conservation of Nature) の「ボン・チャレンジ」(Bonn Challenge)への特使です。ボン・チャレンジは、世界中の樹木を失った土地の内1億5000万ヘクタールを2020年までに再生させる運動です。ジャガーは、「ビアンカ・ジャガー人権財団」の創立者兼会長でもあります。また、フレンズ・オブ・ジ・アース(FoE)の国際気候部長のアサド・リーマンにも話を聞きます。

最近のニュース

2019/8/15(木)

  • メトロポリタン矯正センターでの恐怖:ジェフリー・エプスタイン死亡の数十年前から知られていた 「グーラグ」強制収容所のような環境
  • ジェフリー・エプスタインは死亡したが 彼の遺産権への民事訴訟は継続すると公民権弁護士
  • 児童被害者法:ニューヨーク州が性的虐待への時効を延長 被害者数百人が訴訟を起こす

2019/8/14(水)

  • 「富める者を与えよ」 トランプ政権は米国の移民受け入れを「大規模に」変えようとしていると移民記者が指摘
  • 「米国が支持する麻薬国家」 ホンジュラスの犯罪と汚職が移住を煽っている
  • シスター・ヘレン・プレジャンの新回顧録『リバー・オブ・ファイアー』 数十年にわたる死刑との闘いに思いを馳せる

2019/8/13(火)

  • 「今日リンチ集団が必要なのは自動小銃だけ」イブラム・X・ケンディが語る白人至上主義暴力
  • イブラム・X・ケンディ 人種差別を増殖させるIQテストや大学進学適正試験の点数、その他の“知能”テスト
  • 反人種主義者になる方法 イブラム・X・ケンディが語るがんと闘うように人種差別と闘う必要がある理由

2019/8/12(月)

  • ジェフリー・エプスタイン死亡 被害者はエプスタインの性的人身売買の人脈調査の続行を求める
  • 香港国際空港でデモ隊が座り込み 全出発便が欠航
  • 「次はクレムリンだ」 モスクワの抗議がなぜプーチン大統領を心配させているか

2019/8/9(金)

  • ミシシッピ州の工場で労働条件改善の闘争の後にICEの一斉検挙 学童が家に取り残される
  • 気候変動のスーパーサイズ化 畜産が土地を破壊し重要な水資源を枯渇させると国連が警告
  • モンサントはジャーナリストや活動家はおろか歌手ニール・ヤングまで監視していた 新証拠で判明