元白人至上主義者とシーク派寺院襲撃事件の犠牲者の息子  暴力と憎悪への戦いのため連帯

ネオナチの乱射犯ウェイド・マイケル・ペイジがウィスコンシン州オーククリークのシーク派寺院を襲撃し6人が死亡、5人が負傷した事件から今週で1年が経ちます。本日はこの悲劇を通じて、あり得そうもない連帯を結んだ2人のゲストに話を聞きます。パーディープ・カリカは襲撃事件で死亡した当時の寺院長サトウァント・シング・カリカの息子です。アーノ・マイケリスは元白人至上主義者で、My Life After Hate(『憎しみの後の我が人生』)という本の著者です。カリカはServe 2 Unite(サーブ・ツー・ユナイト=連携のために働く)を創設し、マイケリスはそのグループで教育を担当しています。同グループは暴力と憎悪に立ち向かう若者たちを教え育てるために活動しているのです。「暴力のサイクルを断ち切ることも大事ですが、それ以上に私たちの社会にある暴力の本質は私たちに責任があるということを伝えることがその動機です」とマイケリスは言います。「われわれの手は血に染まっている。この問題は私たちみんなの問題です。だからこそ私たちは全員がその解決法の一部になる必要があるのです」

最近のニュース

2020/7/15(水)

  • 新型コロナウイルスの新規感染者が急増、「先が見えないワクチンへの道には死が敷き詰められる」と疫学者が警告
  • 「左翼が世界を立て直す」:アムナ・アクバル、家賃キャンセル、警察予算削減そして『我々はどこへ向かうのか』について語る
  • トゥーソン市長ロメロ、アリゾナ州デューシー知事を斬る、「新型コロナウイルスを軽視し、集中治療室が満室のまま、経済の再開を早まった」

2020/7/14(火)

  • 命を救う唯一の方法は釈放」移民・関税執行局収容施設でCOVIDが拡大する中 移民の家族が引き離しに直面
  • 私たちはあなたたちのマスコットではない:何年もの先住民の抗議の末にワシントンDCのNFLチームが差別的な名称を排除
  • トランプお気に入りFoxのタッカー・カールソンが釣り休暇 人種差別的なネット投稿で番組の主任脚本家が辞任

2020/7/13(月)

  • COVID-19感染が激増する中、トランプ大統領はファウチ医師とCDCを攻撃 何としても学校を再開する構え
  • インディアナ州で発生したリンチ未遂事件 逮捕者なし? 生存者の人権委員バークス・ブッカーに聞く
  • 障害者の権利活動家 差別主義的な警察の蛮行とCOVID-19 双子のパンデミックに挑む

2020/7/10(金)

  • ブラジルの疫学者 ボルソナロのCOVIDの対応を非難
  • 最高裁はトランプ大統領の完全免責を否定するも納税申告書の選挙前開示は絶望的
  • 「絶対恐怖の家」メアリー・トランプの本はトランプ一族がソシオパスを育てた経緯を明らかに
  • 「過去半世紀でもっとも重要な先住民関連の判決」 最高裁はオクラホマ州における部族主権を肯定

2020/7/9(木)

  • バイアグラには「イエス」避妊には「ノー」 米最高裁 トランプ政権の主張を支持しオバマケアで義務化された避妊手段の無料提供に制限をかける
  • 次のパンデミックを阻止する方法:疫病の大流行は気候変動危機と農業の工業化と関連性があると国連報告書
  • ベルギーの王女 コンゴにおけるベルギー王家の残酷な植民地支配の過去を非難 賠償金支払いを呼びかける