「刑務所で死にたくない」癌闘病中の弁護士リン・スチュワートが 恩赦を求める

服役中の弁護士リン・スチュワートの弁護人は、8月8日、スチュワートの釈放を求めて連邦裁判所に向かいます。現在73歳のスチュワートは、テキサスの刑務所内で癌による死を迎えようとしています。7月に、刑務所内のスチュワートを治療している医師は、余命を約18ヶ月と推算しました。その直前、連邦刑務局はスチュワートの早期釈放請求を却下していました。スチュワートの弁護人は、この決定に対して控訴しており、8月8日の審理で、最初に刑を決めたジョン・ケルトル判事自身の前で請願できることを望んでいます。スチュワートは2010年に、当時の依頼人シーク・オマール・アブデル=ラーマンからのメッセージを、エジプトの彼の支持者に渡したことで、禁固10年を言い渡されました。ケルトル判事への手紙でスチュワートは「私はディラン・トマスの詩にあるように『あのやさしい夜の中におとなしく入ってゆく』するつもりはありません。この世界ですべきことは多々あります。自分が刑務所内で死にたくないのは分かっています。ここは奇妙で愛のない場所です。私はなにもかも見なれた場所――つまり家――に行きたい。……大それた計画があるわけではありません。美味しい食事、会話、音楽。期待するのはそれだけです。そしてもちろん愛する夫のラルフ。過去50年間、私のヒーローとして私を支えてくれた、愛しの夫。迫り来る変化と休息の時に備える今、私は彼を必要としています。夫の強さと愛が私の傍に必要です。判事が、この場合、心無き官僚主義ではなく、慈悲深い法の真の体現者であるならば、どうか私をこれ以上罰しないでください。恩赦を認め、尊厳のある死を迎えさせて下さい」スチュワートの夫ラルフ・ポインターと、娘のゼノビア・ブラウン、そして弁護人を務めるジル・シェロウに話を聞きます。

最近のニュース

2020/5/28(木)

  • 「正当性などない」:ジョージ・フロイド殺害の警官を殺人罪に問うことを要求して ミネアポリス市民が再び街頭に繰り出す
  • 「反撃しろ!」:ACT UPメンバーと劇作家トニー・クシュナー AIDS活動家の草分けラリー・クレーマーを追悼

2020/5/27(水)

  • ジョージ・フロイドからクリス・クーパーまで:イブラム・X・ケンディが語る、米国の黒人が直面する「人種差別テロ」
  • 感染の人種別データの追跡:イブラム・X・.ケンディ、データの向上により明らかにされる新型コロナウイルス感染の実像
  • 「おぞましき怠慢」:移民税関捜査局の拘留中にCOVID-19感染者が死亡 収容移民の大量解放を求める声が高まる

2020/5/26(火)

  • フォトジャーナリストのセバスチャン・サルガド:ブラジルの無謀なCOVID対策が先住民の生存を脅かす
  • 家にいよう、安全でいよう、親切でいよう:COVID-19 抑え込みについてニュージーランドが世界に教えられること

2020/5/25(月)

  • ノーム・チョムスキーに聞く 破滅的なトランプの新型コロナ対応、WHO、中国、ガザ、グローバル資本主義

2020/5/22(金)

  • アーマド・アーベリ殺害事件で第3の白人男性容疑者が逮捕される 司法省はヘイトクライムとして起訴を検討中
  • 警察署長の引退表明を受けFBIがブレノア・テイラー射殺事件の捜査に乗り出す
  • 下痢、脱水症、飢餓、消耗:インドではコロナ封鎖で農村部の貧困層が最も被害を受ける
  • マイク・デイビス:パンデミック最中に50州の封鎖解除で労働者は収入と健康のあいだの「ソフィーの選択」に直面