イェール大学に尋問センター? 米国防総省の特殊部隊トレーニング施設設置案に 反対の声が上がる

特殊部隊の尋問技術をトレーニングするための施設をキャンパス内に作るという計画に対し、イェール大学の在学生と卒業生が反対運動を組織しています。施設は米国防総省の補助金180万ドルの出資を受け、早ければ4月にもオープンする予定です。反対派から「尋問センター」と呼ばれているこの施設は、イェール大学医学大学院内に設置され、チャールズ・モーガン教授が指揮を取るとされますが、モーガン教授は以前、アラブ系とイスラム教徒の男性が嘘をついているかの判定方法についての研究を行った精神医学の教授です。”DoD Plans are Shortsighted, Unethical”(「国防総省の計画は近視眼的で倫理に反する」)と題された論説記事を共同執筆した2人の学生と、イェール大学医学大学院を1990年に卒業し、現在ボストン大学公衆衛生学部地域保健学科のマイケル・シーゲル教授に話をききます。「イェールは超えてはならない一線を越えてしまいました」とシーゲル教授は言います。「医学技術と医学研究を利用して尋問技術を改善させるなど、たとえそれが民間の情報収集やインタビュー技術向上目的であったとしても、そんなことに医学を利用するのは間違っています。医療活動というものは、人々の健康を改善するために するものです。そして大学の医学部は、トレーニングであれ研究目的であれ、軍事目的の強化を主目的とした企画に参加すべきではありません」

最近のニュース

2020/5/22(金)

  • アフムード・アーベリ殺害事件で第3の白人男性容疑者が逮捕される 司法省はヘイトクライムとしての起訴を検討中
  • 警察署長の引退表明を受けFBIがブレノア・テイラー射殺事件の捜査に乗り出す
  • 下痢、脱水症、飢餓、消耗:インドではコロナ封鎖で農村部の貧困層が最も被害を受ける
  • マイク・デイビス:パンデミック最中に50州の封鎖解除で労働者は収入と健康のあいだの「ソフィーの選択」に直面

2020/5/20(水)

  • ニューヨーク市地下鉄の夜間閉鎖で、ホームレスが人であふれた避難所に収容されるなか、擁護活動家たちは定住できる家の提供を要求
  • 「生き続けよう、家にいよう、組織しよう」:バーバー牧師が、6月20日にワシントンで行う貧者のデジタルデモ行進への参加をよびかけ
  • ニュージャージーの公立学校の取り壊しに移民が抗議 7億5千万ドルかけてロバート・ウッド・ジョンソンがんセンターを建設計画

2020/5/19(火)

  • 各州が経済再開に急進 COVID-19の検査不足は米国にとっての「アキレス腱」とハーバード大の医師
  • 「メディアの白人化」:パンデミックによる予算カットが報道機関を破壊するなか「真っ先になくなる」のは多様性

2020/5/18(月)

  • COVID-19は世界をどう変えるか? 歴史学者フランク・スノーデンが黒死病から現在までの伝染病について語る

2020/5/15(金)

  • 「アメリカ大陸の武漢」 米国はCOVID-19陽性の移民をハイチとグアテマラに強制送還
  • 民主主義の正念場 選挙人は誓約を破ってもよいのかが最高裁で問われる
  • 「民主主義はパンデミックを乗り切れるか?」 トランプ大統領が郵送投票を攻撃し投票権が危機に瀕する