イェール大学に尋問センター? 米国防総省の特殊部隊トレーニング施設設置案に 反対の声が上がる

特殊部隊の尋問技術をトレーニングするための施設をキャンパス内に作るという計画に対し、イェール大学の在学生と卒業生が反対運動を組織しています。施設は米国防総省の補助金180万ドルの出資を受け、早ければ4月にもオープンする予定です。反対派から「尋問センター」と呼ばれているこの施設は、イェール大学医学大学院内に設置され、チャールズ・モーガン教授が指揮を取るとされますが、モーガン教授は以前、アラブ系とイスラム教徒の男性が嘘をついているかの判定方法についての研究を行った精神医学の教授です。”DoD Plans are Shortsighted, Unethical”(「国防総省の計画は近視眼的で倫理に反する」)と題された論説記事を共同執筆した2人の学生と、イェール大学医学大学院を1990年に卒業し、現在ボストン大学公衆衛生学部地域保健学科のマイケル・シーゲル教授に話をききます。「イェールは超えてはならない一線を越えてしまいました」とシーゲル教授は言います。「医学技術と医学研究を利用して尋問技術を改善させるなど、たとえそれが民間の情報収集やインタビュー技術向上目的であったとしても、そんなことに医学を利用するのは間違っています。医療活動というものは、人々の健康を改善するために するものです。そして大学の医学部は、トレーニングであれ研究目的であれ、軍事目的の強化を主目的とした企画に参加すべきではありません」

最近のニュース

2020/9/18(金)

  • トランプ対マスク:疾病対策センターや医師や科学者を攻撃し「パンデミック対策の柱」を弱める
  • 山火事が西部で猛威を振るう中トランプ大統領は石油大手を救済し海洋大気庁の要職に気候否定論者を指名
  • トランプ大統領は故ハワード・ジンの著作を「プロパガンダ」呼ばわり 歴史家本人の言葉を聞く

2020/9/17(木)

  • 米国が作った危機:飢餓に瀕するイエメン 戦争をあおりながらも援助を削減する米国 
  • ギリシャのモリア難民キャンプが火事で焼失 難民キャンプの代替えよりも移住を求める声が高まる
  • ウィキリークスのジュリアン・アサンジ送還問題は 国の報道の自由への攻撃だ ダニエル・エルスバーグが警告

2020/9/16(水)

  • 彼女の名前を語り続けよう:1200 万ドルで和解した、ブリオナ・テイラーの遺族が望むのは、警官の逮捕
  • マイケル・デンゼル・スミス:ブリオナ・テイラー事件、警察予算の削減、構造的な人種差別、自身の「トランプ時代の鬱」を語る
  • ヌーラ・エラカット、トランプが自賛するバーレーン・UAE・イスラエルの国交正常化協定でパレスチナ和平は進むどころか、抑圧が強まる

2020/9/15(火)

  • 「大規模な有権者の権利剥奪」大統領選を前に共和党が全米で投票権への攻撃を強化
  • 植民地化がカリフォルニア州を火口箱にした:先住民の土地管理が気候火災と闘うことを助ける理由
  • パンデミックで不当儲け:アマゾン社の便乗値上げが露呈する一方でジェフ・べゾスの資産は2000億ドルに膨張

2020/9/14(月)

  • パンデミックと山火事と熱波:西海岸炎上で在留資格のない移民農場労働者が直面する「三重の脅威」
  • 「これは気候変動火災」 オレゴン州の元消防士でエコロジストが指摘する壊滅的な炎の警告
  • 「トランプ大統領は犯罪が歩いているようなもの」 ウイリアム・バーバー師が投票権保護と貧者の動員について語る