水圧破砕抽出法による天然ガス掘削の是非を問う: シラキューズ市による禁止は正しい措置か?

シラキューズからの生放送でお送りします。同市はフラッキングまたは水圧破砕抽出法という名で知られる天然ガス掘削法を禁止したニューヨーク州で3番目の町になりました。シラキューズ市議会は先週、投票の結果全員一致で同市内でのフラッキングを禁止しました。また、フラッキングの過程で出る廃水の貯水可能地区を制限することも採択しました。フラッキングに反対が多いのは何百万ガロンという水や砂や化学薬品を地中奥深く注入し、頁岩を破砕して天然ガスを放出させる技術だからです。この抽出法で人々の健康や環境に無数の問題が起きると感じている人がたくさんいます。フラッキングの支持者たちはこの方法で天然ガス生産が飛躍的に増える一方、これまで環境や健康面でなんら弊害は出ていないとしています。このフラッキング問題をより理解するために、今日は3人のゲストを招いて議論してもらいます。キャスリーン・ジョイはシラキューズ市議会与党代表で、市のフラッキング禁止を率先して進めてきました。ドン・シーゲルはシラキューズ大学の地球科学教授です。オレン・ライオンズはシラキューズ南部の先住民団体オノンダガ・ネイションの族長評議会のフェイスキーパー(安寧の象徴者)です。

最近のニュース

2019/11/14(木)

  • 第一回大統領弾劾公開公聴会 ウクライナのバイデン親子捜査への圧力にトランプが加担
  • 「こんなことは許されない」:ニクソン弾劾に賛成票を投じた元下院議員 トランプはならず者大統領だと語る
  • チリ人活動家:社会的危機をもたらしたエリートに新憲法は任せられない
  • コード・ピンク創設者メディア・ベンジャミン 米国の海外干渉に抗議した後 逮捕すると脅される

2019/11/13(水)

  • パート1:裁かれる 民主主義:ビル・モイヤーズが語る、トランプ大統領の弾劾調査・公聴会を公共放送がプライムタイムに放送すべき理由
  • パート2:ビル・モイヤーズ 弾劾を語る:大統領は皆、嘘をつくが、トランプは「嘘つきの文化」を生み出した
  • クーデタ?エボ・モラレスの辞任につながったボリビアの政治危機について討論

2019/11/12(火)

  • 「土壇場の民主主義」ブラジルでのルラの釈放はボルソナーロ大統領への抵抗運動の勝利
  • 現金保釈の廃止と司法制度改革を公約したチェサ・ブーダンがサンフランシスコ地方検事選で勝利
  • 「シアトルは売りものではない」有権者によるアマゾン社への不満表明 社会主義者クシャマ・サワント再選

2019/11/11(月)

  • 「これは軍事クーデターだ」 ボリビアのエボ・モラレス大統領が軍の要求に応じて辞任
  • エリザベス・ウォレンが語る 環境正義 パイプラインの閉鎖 資本主義と大富豪

2019/11/8(金)

  • 史上初の環境正義をめぐる大統領候補者討論会にウォーレン、ブッカー、ステイヤーなどが参加
  • 「民主党全国大会まで待つ余裕はない」黒人議員が環境正義フォーラムを開催した理由
  • オレンジバーグ虐殺事件の追悼:1968年に警察が3人の武器を持たない黒人学生を射殺