マルコムXを取りまく複雑な環境、マラブルの伝記で明らかに

マニング・マラブルが執筆に20年を費やした、600ページ近くに及ぶ伝記Malcolm X: A Life of Reinvention(『マルコムX:改革する人生』)は、マルコムXの人生の再評価を目指して書かれました。自伝の中では、暗殺された状況についての新たな考察の他、マルコムXの自伝に関する疑問などが指摘されています。マニングは、同著作が出版される数日前の1日、この世を去りました。著者の功績をお話しするために、ジョージタウン大学の社会学者で、Making Malcolm: The Myth and Meaning of Malcolm X(『メイキング・マルコム:マルコムXの神話と意味』)の作者でもあるマイケル・エリック・ダイソン、それにマラブルの友人であり長年、労働・人種問題のアクティビストとして活動しているビル・フレッチャー・ジュニアに番組に参加してもらいました。フレッチャーは次のように語っています。「マルコムの死に関心があった3つの組織があり、その点をめぐりこの書籍は非常に重要になってくるのです。警察、FBI、ネイションオブイスラムです。だが一方で、マルコムの組織内部にも、彼が方向性を変えて行ったことを快く思わない人びとがいました。これらすべてが合わさった状態が、マルコムXの殺害を許容してしまうような状況を形成してしまったのです。この伝記を読めば、目が開かされることになるでしょう」。★ 字幕動画はこちら

最近のニュース

2020/1/27(月)

  • トランプ弾劾裁判 ボルトン前補佐官の衝撃的な暴露本が目撃証人の召喚に火をつける
  • コービー・ブライアントが41歳で死去 バスケットボールのスターが遺したもの
  • 弾劾裁判のプレッシャーのなか、トランプ大統領がリプロダクティブライツへの攻撃を強める
  • 映画『伝えたい私たちの話』(Ours to Tell) 中絶へのアクセスの大切さを語るパーソナル・ストーリー

2020/1/24(金)

  • トランプは他にも戦争犯罪、暗殺、汚職の建議で弾劾することもできたと法学者
  • 国際司法裁判所がビルマ当局に対し、イスラム教徒のロヒンギャをジェノサイドから護るよう命令
  • 住宅危機を強調するため空いている物件を占拠したオークランドのママたちは予想外の勝利を祝う

2020/1/23(木)

  • 民主党の首席検察官役が上院で冒頭陳述を行う最中 トランプは証拠隠蔽を自慢する
  • 『新しい巨像』:ティム・ロビンズの新作劇 移民と外国人嫌悪の問題を取り上げる
  • ティム・ロビンズ:バーニー・サンダースがトランプに勝つためのベストな候補者だ
  • 新作映画『ダーク・ウォーターズ』:デュポン社と20年間戦い続けた弁護士の物語

2020/1/22(水)

  • 「アンドリュー・ジョンソンはまるでトランプのようだった」: トランプの弾劾裁判と1868年のジョンソン弾劾との共通点
  • 「上院が隠蔽に投票」:共和党の上院議員らトランプに加担し弾劾裁判を偏向
  • 拷問者が犠牲者たちに対面:CIA心理学者がグアンタナモ軍事法廷の審問で残忍な手法を擁護
  • 報道を犯罪に:グレン・グリーンウォルド ブラジルで汚職スキャンダルを暴露後、サイバー犯罪で告発される

2020/1/21(火)

  • 見世物裁判? トランプの弾劾裁判が始まり 隠蔽工作で非難されるミッチ・マコネル
  • 投票権擁護者 「トランプの弾劾は私たちの選挙と民主主義を守るために必要」
  • アメリカ国立公文書 2017年のウィメンズマーチの写真を改ざんしトランプ批判メッセージをぼやかす
  • グレタ・ トゥーンベリがダボスで世界の指導者たちに演説 「私たちの家は今も燃えている」