編集会議

 過去の虐殺をどう立証するのか?


数年前にデモクラシー・ナウ!で紹介した映画『グラニート』が、日本語字幕つきで上映されることになりました。直前ですが、あらためて簡単な紹介です。

中央アメリカの国グアテマラは1950年代前半の民主化が米国の干渉で阻止されて以来、軍の親米派と反米派や左派の対立が続き、1960年に始まった内戦が96年の和平合意まで36年間も続きました。親米軍事政権...

編集会議

ハバナレポート:先駆的な有機農法を可能にさせたものは?


1961年1月にアイゼンハワー米国大統領がキューバとの国交を断絶してから54年、今年5月29日にキューバは米国のテロ支援国家指定を解除されました。グアンタナモ基地の返還、対キューバ禁輸措置の全面解除など、いまだ多くの課題を抱えつつ両国間の正常化交渉は続き、7月20日にはキューバとアメリカは正式な国交回復に漕ぎつけました。

そうした中で、キューバで...

編集会議

2014年夏の盛りにミシガン州セントルイス郡の小さな町で起きた事件が全米をゆるがすことになりました。ファーガソンで起きた18歳のマイケル・ブラウン射殺事件です。白人警官との路上での遭遇からわずか90秒後に武器をもたない黒人少年が射殺されたのです。警官による射殺自体は、よくある出来事にすぎません。2014年には12月後半までに全米で少なくとも32人が亡くなったとされます。マイケル・ブラウンの事件も遺族にゆきどころのない怒りを残したまま、忘れ去られて不思議はなかったのです。

ところが、ファーガソンでは何かが違いました。マスコミは11月に起きた暴動にばかりフォーカスしましたが、実はもっと大きなことがおきていたので...

編集会議

 

Foley-Wexler Chicago2012

 

センセーショナルな報道でかき消された戦場ジャーナリ...

編集会議

水色の服を着て、集合!そして、米国と世界の金融と政治を牛耳るウォールストリートを気候温暖化に反対する人の波であふれさせよう―これが、フラッド・ウォールストリート(Flood Wall Street :ウォールストリートをあふれさせよう)の呼びかけでした。ウォールストリートでシットイン(すわりこみ)をし温暖化促進に励む石炭・石油産業に巨額を注ぎ政治を牛耳っている体制に「...

編集会議

2014年9月21日、ニューヨーク市で開催された「民衆の気候マーチ」。1500団体、40万人近くが参加し、先頭から最後尾まで、行列の長さは4マイル(約6.4km)に達しました。行進は午前11時30分にセントラル・パーク・ウェストを出発...

編集会議

 「明日のマーチについては、議論が百出しています。パーフェクトではありません」―「民衆の気候マーチ(People’s Climate March)」を翌朝にひかえた2014年9月21日、気候正義を求める団体 Climate Convergence(「気候で集合」)のイベントにメインスピーカーとして登場したナオミ・クラインは、率直に語りかけました。ふたを開けてみれば史上空前の40 万もの人が参加し予想をはるかに超えた大成功に終わったマーチで...

編集会議

 1600マイルというから2600キロメートル弱。稚内から那覇まで日本を縦断する直線距離にあたる。ホンジュラスの首都テグシガルバから、グアテマラとメキシコを抜け、アメリカ合衆国の国境にいたる距離でもある。 

2013年10月はじめから9ヵ月たらずの6月半ばまでに、親や成人の同伴者なしにメキシコとの国境を越えてアメリカに密入国した子供が5万7000人に達した。うち4万人近くは13歳から17歳のティーンエイジャー。6歳から12歳の子も6000人を超え、5歳以下の子すら786人を数える(...

編集会議

それぞれの放送について順次、紹介しています。これは1月3日に放送された「NAFTA締結から20年」を中心に、自由貿易協定とグローバリズムの影響を振り返る番組です 

NAFTA締結から20年 サパティスタは世界に拡散する

今年5月末に、「マルコス副司令官が引退」という小さなニュースがありました。20年前にメキシコでNAFTA(北米自由貿易協定)に反対して蜂起したサパティスタ民族解放軍のリーダー(の具現化)です。マルコスは役割を終え、次世代に道を譲って消滅しました。

...

編集会議

DNJクラウドファンディング第2弾企画(詳細はこちら)それぞれの放送について順次、紹介しています。これは昨年12月に放送された、チョムスキーについての新作映画の紹介のインタビューから。

チョムスキーがアニメで話す  Is the Man Who Is Tall Happy?

...