« 前  

2017年5月17日(水)

  次 »
  • トランプ大統領にまた大きなスキャンダルが持ち上がりました。ニューヨーク・タイムズ紙は、トランプ大統領が、自政権の国家安全保障担当補佐官だったマイケル・フリンへの調査を終わらせるよう、FBIのジェイムズ・コミー長官に個人的に働きかけたと伝えています。この報道によるとトランプ大統領は、ロシア政府関係者との接触について公の場でもまた私的会話でも嘘をついたとしてフリンを解雇した翌日の2月14日、大統領執務室でのジェームズ・コミーと会合中に、この異例の要請をしました。トランプは、コミーにこの要請を行う前、同室にいたマイク・ペンス副大統領とジェフ・セッションズ司法長官に部屋から出て席を外すよう指示しました。会合終了後にコミーが記したメモによると、大統領は次のように言いました。「キミがこの件を打ち切ってフリンの調査をやめることを期待している。フリンは良い男だ。この件を打ち切ってくれるよう願っている」。アナリストとケース・オフィサー(現場担当官)として、CIAに14年勤めたジョン・キリアコウに話を聞きます。キリアコウは、ブッシュ政権の水責め使用をCIA職員として初めて公に認めた後、23カ月にわたって収監されました。

  • トランプ大統領が、FBIのジェイムズ・コミー長官に、自政権の元国家安全保障担当補佐官マイケル・フリンへの調査打ち切りを迫ったというニュースの前日には、ワシントンポスト紙が、トランプ大統領がロシアのセルゲイ・ラブロフ外相とセルゲイ・キスリャク駐米大使とホワイトハウスで会談した際、高度の機密情報を漏らしたと報じました。CIA内部告発者のジョン・キリアコウに、かつて自らが行った内部告発について、さらにトランプによるロシアへの機密情報漏洩の重大性について聞きます。

  • ワシントンDCにある米州人権委員会(IACHR)は、7年前に起きた国境警備隊員によるアナスタシオ・ヘルナンデス・ロハスの殺害とその情報隠蔽について、米国政府への調査を開始することに同意しました。ヘルナンデス・ロハスは25年間にわたってサンディエゴに居住し、5人の子供の父親になっていましたが、国境を越えて米国に戻ろうとした際に殺害されました。サンディエゴ検死局は、ヘルナンデス・ロハスの死亡を殺人と分類し、心臓発作を起こしたほか、「胸部、腹部、腰、膝、背中、唇、頭部、まぶたの打撲、5カ所の肋骨骨折、脊髄の損傷」を負っていたとしています。「南部国境地帯コミュニティ連合」(Southern Border Communities Coalition)会長で、「サンディエゴ同盟」(Alliance San Diego)人権保護担当責任者のクリスチャン・ラミレスに話を聞きます。

  • ジェフ・セッション司法長官とジョン・ケリー国土安全保障長官は最近、サンディエゴとティフアナ間の国境を訪れ、「聖域都市」(サンクチュアリ)への取り締まり強化を断言し、連邦政府の移民取締官と全面的に協力するよう地元当局者に求めました。団体「ボーダー・エンジェルズ」創設者で代表のエンリケ・モロネスに話を聞きます。

  • カリフォルニア州の環境活動家らが、サンディエゴ郡の人気ビーチへの高レベル放射性核廃棄物360万ポンド(約1633トン)保管計画に反対する活動を展開しています。同郡のサンオノフレ原子力発電所は2012年に起きた放射性物質の漏洩事故のため、緊急稼働停止を余儀なくされ、2013年6月までに完全に閉鎖されました。カリフォルニア沿岸委員会が、数百万ポンドにのぼる核廃棄物を薄いステンレス製容器に入れ、海からわずか100フィート(約30メートル)の場所に保管するという計画に許可を出したため、住民らが反対活動を行っています。核廃棄物貯蔵施設拡張に反対する訴訟を起こした団体「市民による監視」(Citizens’ Oversight)の創設者レイ・ルッツに話を聞きます。

Syndicate content