« 前  

2016年8月26日(金)

  次 »
  • 米政府は、 ISISが掌握する国境沿いの地域をターゲットにしたトルコ軍によるシリア越境攻撃を支援していますが、トルコは米政府の支援を受けている国境地帯のシリアのクルド人も懸念対象だと語っています。この攻撃とトルコで先頃起きたクーデーター未遂事件がどのように関係しているのか、そしてその後続々と起きているトルコ政府によるテロ容疑でのジャーナリストの逮捕について、長年この地域を注視し、高い評価を得ている学者ヴィジャイ・プラシャドとともに見ていきます。プラシャドはトリニティ・カレッジの国際学教授でインドの雑誌フロントラインのコラムニストです。新著はThe Death of the Nation and the Future of the Arab Revolution(『国家の死とアラブ革命の未来』)です。

  • 米政府がリビアでいかにして政権交代を行い、破綻国家にしてしまったか、学者ヴィジャイ・プラシャドと見ていきます。「リビアで起きたことはイラクで起きたことと似ていなくもありません」とプラシャドは指摘します。いずれも、米政府は、政治的に分裂した社会で長年不動の地位にいた指導者―リビアのムアンマル・カダフィとイラクのサダム・フセイン―を引き下ろし、破綻国家にしてしまったのです。プラシャドは「いずれの場合も、捕らえられた独裁者は『交渉の準備はできている』と申し出ましたが、米政府には交渉する気など皆無でした」とし、リビアでの顛末はマリ、チュニジアそして北アフリカの多くで政情不安定を招いたと言います。

  • 学者の ヴィジャイ・プラシャドのロングインタビューをお送りしています。米大統領選挙についてプラシャドは、「オバマ大統領は及び腰だったが、時の国務長官ヒラリー・クリントンがリビア攻撃の先頭に立った」と指摘します。「これは私には、結果を気にせず海外での戦争に走る深刻で危険な傾向に思えます。国外から米国を見ていると、ぞっとする。その恐怖には根拠があるのです」。

  • ヴィジャイ・プラシャドの新著The Death of the Nation and the Future of the Arab Revolution(『国家の死とアラブ革命の未来』)のエピローグは報じられることの少ないイエメンとパレスチナでの紛争、そしてサウジアラビアが果たしている役割について検証しています。「アラブで最も貧困な国が最も金持ちのアラブの国に破壊されています。ガザへの攻撃をやめるようイスラエルに呼びかけて街頭で抗議行動を行っている人たちは、イエメンに対する残忍な戦争をやめるよう街頭でサウジアラビアに抗議する必要があります」とプラシャドは話します。

  • カシミールでは、24日、インドの治安部隊が抗議する群衆に向かって発砲し催涙ガスを投げたため、抗議者がまた一人殺害され、50人にのぼる負傷者が出ました。住民の話では、インドの部隊が地域を急襲し、人々を殴りカシミール独立に関する会合を主催していたテントを破壊したため、デモ隊との衝突になりました。カシミールでは、インドの治安部隊がカシミール独立派の重要な指導者を殺害したことをきっかけに、7月8日にインドに反発する抗議がわき起こり、以来、70人近くが死亡しています。24日には、インドの内務大臣が抗議行動を鎮めるべく、2日間にわたるカシミール訪問へと旅立ちました。死亡者の中には、インド軍により拘置中に殴打されて死亡した30歳の教授も含まれています。ほかにも大勢が、自宅で治安部隊により殴打されたと報じられています。最近、カシミールに関して「世界最悪のホットスポットのひとつで炸裂している死の暴力」("Deadly Violence Erupts in One of the World’s Most Dangerous Hotspots.")と題する記事を書いたヴィジャイ・プラシャドに話を聞きます。

  • グリーンピースの「アークティックサンライズ(北極の日の出)」号 に乗船して北極への旅から帰ってきたばかりの、 有名な英国女優エマ・トンプソンにクライド川沿いにあるカナダの町への訪問について聞きます。化石燃料を探索し北極圏を破壊している石油産業に反対する取り組みを率先しておこなっている町です。トンプソンは2年前にも、北極圏での掘削に抗議し、この地域ですでに生じている気候変動の影響をリサーチするためにグリーンピースの別の遠征隊に参加しました。

  • イギリスの政治家ナイジェル・ファラージが24日、ミシシッピで行われたドナルド・トランプの選挙集会で登場しました。ファラージはブレグジット(Brexit)と呼ばれる英国のEU離脱運動の急先鋒の一人でした。トランプはブレグジットついて、「英国民は自らの国を取り戻した」と称賛しました。アカデミー受賞女優エマ・トンプソンがブレグジットとドナルド・トランプについて話します。

Syndicate content