« 前  

2016年7月5日(火)

  次 »
  • 7月18日から開催されるクリーブランドでの共和党全国大会まであと2週間もありませんが、同党の大統領候補指名が確実視されている候補者ドナルド・トランプについては、現金とダビデの星を背景にしたヒラリー・クリントンイメージという反ユダヤ的なツイートをしたり、メキシコが米国を攻撃することをジョークにするなど、新たな論争の種が尽きません。ドナルド・トランプの伝記作家で、Trump: The Greatest Show on Earth: The Deals: the Downfall, the Reinvention(『トランプ:地上最大のショー:取引、転落、再出発』)の著者であるウェイン・バレットに時間いっぱい話を聞きます。バレットは1970年代からトランプについて報道してきました。まずはトランプと故ロイ・コーンとの親密な関係について話を聞きます。コーンは、かつて、赤狩りのジョセフ・マッカーシー上院議員の主任顧問を務めていました。

  • 捜査報道記者のウェイン・バレットは1970年代以来、ドナルド・トランプの恥ずべき行為を暴露し続けています。バレットに、この億万長者の大物がしてきた尋常でない申し出についての思い出話をしてもらいましょう。「彼は私にこう言いました。ウェイン、君はブラウンズビルに住まなくたっていいんだよ。私はアパートをたくさん持っているんだから」と、バレットは記憶を辿ります。「そして、別のときには、トランプは、彼が他のジャーナリストを訴えて破産させることによって破滅させた過程について私に話し始めたんです。」

  • ウェイン・バレットはドナルド・トランプについて報じる屈指の記者と考えられています。彼はトランプを数十年間、追い続けてきました。彼の1991年のトランプの伝記は、Trump: The Greatest Show on Earth: The Deals: the Downfall, the Reinvention(『トランプ:地上最大のショー:取引、転落、再出発』)という題名で電子書籍として再出版されたばかりです。デモクラシー・ナウは6月最終週、ウェイン・バレットの自宅で彼に話を聞きました。彼は肺癌の闘いのため、大部分の時間を自宅で過ごしています。トランプがより大きなカジノを建てるため、アトランティック・シティに手頃な価格の住宅を建設するという約束をし、それが守られなかったことについて、バレットに聞きました。「トランプは、マリーナにあるトランプ・キャッスル・カジノへの道路やアクセスについてアトランティック・シティからあらゆる種類の協定を取り付けるところでした。彼は低所得者向け住宅を建てることに同意したんです。トランプはその計画実行のための人材を抱えていました。その人物は、ニューヨーク市で同じことをすでにしたことがあった。彼らは、あらゆる種類の約束を交わし、それはアトランティックシティ市との契約として文書化されました。そしてトランプは、そのどれも守らなかったのです」。

  • トランプのタージマハル・アトランティックシティ・カジノの約1000人の客室係、料理人、ベルマン、接客係が7月1日の金曜日から週末にかけてストライキを行い、2014年の破産手続きの間にカットされた医療や年金、その他の福祉手当の復活を要求しました。これは、ドナルド・トランプが彼のホテル、カジノ、リゾートで直面した数十年の労働争議の最新のものでしかありません。ドナルド・トランプを数十年調査してきたウェイン・バレットは、「トランプの成功への道には死体が散乱している」と言います。

  • 2016年の大統領選キャンペーンの間中、ドナルド・トランプは、フォックス・ニュースの記者メーガン・ケリーが厄介な質問をしたのは彼女が生理中だったからとほのめかしたり、女性は中絶することで「罰っせられる」べきだと言ったりして、性差別の嫌疑を繰り返し受けています。長年に渡ってドナルド・トランプを追い続けているウェイン・バレットに、トランプと彼の3人の妻との関係について話を聞きます。「イヴァナとの彼の離婚は本当に信じられないくらい醜悪でした」とバレットは言います。

  • ウェイン・バレットはドナルド・トランプについて1970年代後半から報道し始めました。彼は、肺癌のために大部分の時間を自宅で過ごしながらも、現在も報道を続けています。「彼には全くトランプ・オーガナイゼーションを経営する能力などありません。彼はトランプ・オーガナイゼーションを経営するのにふさわしくありません。したがって、彼はもちろん米国を経営するのにふさわしくありません」とバレットは言います。「彼は米国にとっての危険を象徴するだけでなく、我々が世界に及ぼす影響力の大きさを考えれば、世界にとって本当に衝撃的な脅威なのです。私は今は多くの時間、病床にいますが、彼は私をここから奮い立たせます」。

Syndicate content