« 前  

2014年2月20日(木)

  次 »
  • ウクライナの休戦は、路上で反政府デモと警察の衝突が起きたことであっという間に終わりました。2月19日の夜、包囲された大統領と、大統領の辞任を求める反対派指導者らの両者は、同国の政治的危機を話し合いで解決するための休戦を呼びかけました。しかし数時間後、武装したデモ隊が独立広場を取り戻そうとしたことで、再び死者が出る暴力へと発展しました。今回の紛争ではソビエト消失後22年間のウクライナの歴史上、最も多くの血が流れていますが、2月18日からの数日間で少なくとも50人以上が死亡しました。オバマ大統領は「すべての関係者との交渉をつづける」と約束しましたが、先日漏洩した米のトップ担当官二人の会話の録音によって、オバマ政権が秘密理に反政府側と何かを画策していたことが明らかになりました。ニューヨーク大学とプリンストン大学のロシア研究と政治学の名誉教授、スティーブン・コーエンに話を聞きます。コーエンの最近著Soviet Fates and Lost Alternatives: From Stalinism to the New Cold War(『ソ連の運命と失われた選択肢:スターリニズムから新たな冷戦まで』)はペーパーバック版が発売になりました。コーエンの最新記事はネーション誌に寄稿されたDistorting Russia: How the American Media Misrepresent Putin, Sochi and Ukraine(『歪められたロシア:米メディアによるプーチン大統領、ソチ、ウクライナについての誤った報道』)です。

  • ベネズエラでは最近繰り広げられる反政府デモで、少なくとも6人が死亡しています。一番最近の犠牲者は銃による負傷が原因で死んだ地元のミスコンテストの優勝者です。ウゴ・チャベス前大統領が死んでから1年も経ずに発生したデモは、同国のニコラス・マドゥロ現大統領にとって最大の課題となっています。2月第3週の初めに、死者の出た衝突を扇動したとしてその前週に当局より逮捕状が出されていた、右派の反政府派指導者レオポルド・ロペスは、国家警備隊に自首しました。米国が反政府派を支持していると主張するマドゥロ大統領は、2月17日に在ベネズエラ米国領事館員3人の追放を命令しました。ゲストのジョージ・チカリェッリョ=マーに、チャベス及びマドゥロ両政権に敵対してきた米国が近年ベネズエラが果たしてきた役割の歴史について考察してもらいます。チカリェッリョ=マーは著書にWe Created Chávez: A People’s History of the Venezuelan Revolution(『われわれがチャベスを創りあげた:ベネズエラ革命市民史』)があり、フィラデルフィアのドレクセル大学(Drexel University)で政治学を教えています。

  • 2月19日に米国、メキシコ、カナダによる大規模サミットがメキシコで開催される一方で、2月18日に米国境監視員がカリフォルニア州サンディエゴ近郊で男を射殺したことで、米国の国境政策に再び注目が集っています。当局によれば同監視員は、メキシコより国境越えを行った疑いのある一団を追跡中でした。男の一人が同監視員に向かい石を投げたため発砲、男を射殺しました。同監視員は軽症を負ったものの、病院での手当ては断っています。米国土安全保障省監査長官は最近、2010年より20人の死亡事件に米国境監視員が関わっており、半分近い内8件で投石が行われていることがわかったとしています。この件を掘り下げるため、長期に渡り移民関連の報道を行ってきた、調査報道記者ジョン・カルロス・フレイに、最近の米、メキシコ国境での移民殺害について話を聞きます。

  • 18年前の1996年2月19日、デモクラシー・ナウ! はじめての放送を行いました。総選挙の年、一日一回の番組としてパシフィカ・ラジオ(Pacifica Radio)と、いくつかの地方コミュニティラジオ放送局で放送を開始。最初の予定では、デモクラシー・ナウ!は9ヶ月放送される予定でした。しかし、18年後の現在、当番組はテレビ、ラジオ、インターネット上のニュース番組として、毎日世界中の数百万人の視聴者に頼りにされる存在となっています。初回放送のクリップを紹介後、生放送中の共同司会者のエイミー・グッドマンとフアン・ゴンザレスに、誕生日ケーキのサプライズがありました。
    18回目の誕生日を記念して、視聴者にデモクラシー・ナウ! があなたにとって重要な理由を、「私にデモクラシー・ナウ! が必要な理由は……」(I need Democracy Now! because…)というフレーズからはじまる写真またはビデオの投稿をお願いしています。プラカードを手にしたあなたの写真または、名前、居住地、デモクラシー・ナウ! を観る理由を説明した30秒以下のビデオをこちら(http://www.democracynow.org/because)に投稿してください。選ばれたものをオンライン、ライブ番組、またはソーシャルメディア上で発表します。

Syndicate content