« 前  

2011年2月25日(金)

  次 »
  • リビア全土に広がる民衆蜂起に対するムアンマル・カダフィ指導者の武力攻撃で、すでに数千人が死亡した恐れがあると国連が警告しています。同じく国連はリビアの食糧供給網も崩壊寸前の危機にあると警告しています。反政府勢力が首都トリポリに接近する中、死傷者を伴う衝突が続いています。デモクラシー・ナウ!のアンジャリ・カマトがリビアから報告します。

  • 共和党が多数を占めるウィスコンシン州議会下院がスコット・ウォーカー州知事の予算修正法案を可決しました。この法案では大半の公務員の団体交渉権が失われることになります。この法案は州都マディソンおよび州全土で前例のない11日間という抗議デモを引き起こしました。マディソンの州議会議事堂から、ネイション誌のジョン・ニコルズに話を聞きます。

  • 数千人の労働者や労働運動家たちが先週からマディソンに集結して共和党のウォーカー知事の反組合法案を拒否するよう州議員たちに訴えています。法案のカギである団体交渉権制限の対象から例外扱いとなっている警察官や消防士たちも多数が抗議デモに参加しています。ウィスコンシン州消防士連合(Wisconsin Professional Firefighters Association)代表のマーロン・ミッチェルに登場してもらいます。「金持ちになるために働いている公務員など1人もいない」とミッチェルは言います。「金持ちになろうとしてるんじゃない。そこそこの暮らしを送り、まともな中流家庭を持ち、多くの人々が直面する生活のための格闘を強いられることのないよう、公務員を選んだのです」。

  • 反組合法案の採択を引き延ばしています。定足数を割ることで投票に移れないようにしてきたのです。州は24日、欠席中の民主党上院議員の自宅に警官を派遣して各議員を議会に呼び戻そうとしましたが成功しませんでした。イリノイ州に逃亡中の民主党上院議員クリス・ラーソンに話を聞きます。

  • ウィスコンシン州の警察官たちもマディソンの労働者抗議活動に参加しています。治安維持業務だけでなく、抗議デモの参加者としてもです。「警察官も州のあちこちから結集して同僚である熱心な公務員たちと誇り高く連帯している」とウィスコンシン州警察官連合(Wisconsin Professional Police Association)の幹部ジム・パーマーは言います。「実に平和的なデモで、感心している」

  • マディソンでは24日、コーク兄弟のロビイング事務所前に数百人が集まりデモを行いました。「コーク兄弟は反組合、反労働者の法案に資金を提供してきました。ウィスコンシン州だけでなく、米国中でやっています」とマディソンの雑誌『プログレッシブ』のエリザベス・ディノベラは言います。「ウィスコンシンの人々がここに集まったのは、ウォーカー州知事にコーク兄弟への依存症を克服して労働者の団結権を本気で尊重すべきだと告げるためです」。

  • ウィスコンシンの抗議の最前線にいるのは教師や学生たちです。ウィスコンシン大学の大学院生アンジェラ・ウェルマンに話を聞きます。

  • 公務員や労働運動家たち、学生たちがウィスコンシン州議会議事堂の廊下を占領して11日が経ちました。毎夜、数百人が議事堂内部で寝泊まりしています。多くの人々が逗留する中、抗議参加者たちは仮の食堂エリアや貸し出し図書室、医務センターを設置しています。デモクラシー・ナウ!のシニア・プロデューサー、マイク・バークとジョン・ハミルトンが、9日間連続でこの議事堂建物内に寝泊まりする活動家の案内で内部の状況を報告します。

Syndicate content