ライトライブリフッド賞、スウェーデンの「もうひとつのノーベル賞」

13分
Real動画の再生にはリアルプレーヤー(無料版)が必要です。こちらからインストールしてください(windows版mac版
放送日: 
2008/12/8(月)

デモクラシー・ナウ!の司会者エイミー・グッドマンが、「もうひとつのノーベル賞」と呼ばれる「ライトライブリフッド賞」の2008年受賞者に選ばれ、他の3人の素晴らしい女性たちとともにスウェーデンのストックホルムで受賞しました。1980年に設立されたこの賞は「我々が現在抱えるもっとも切迫した課題に対し、優れた解決策を実践によって提示した」人々に与えられます。

エイミーの受賞理由は、デモクラシー・ナウ!が「真に独立した政治ジャーナリズムの画期的モデルをつくりあげ、主流メディアが取り上げない声を、多くの人々に伝えた」ことです。

他の3人は、「ソマリアの女性と子供を救おう」(Save Somali Women and Children)の共同創立者のアシャ・ハジ・エルミ(Asha Hagi Elmi)、南インドの82歳の活動家クリシュナマル・ジャガナサン(Krishnammal Jagannathan)、そして、婦人科医で 「メディカ・モンディアル(medica mondiale)」の創立者モニカ・ハウザー(Monika Hauser)です。

ライトライブリフッド賞とは、どのような理念に基づき、どのような経緯で創設されたのか、創立者のヤーコブ・フォン・ユクスキュルから聞きます(中野)

ゲスト

* ヤーコブ・フォン・ユクスキュル(Jakob von Uexkull 1944-) 郵便学者、作家。1980年、長年の切手コレクションを売却した資金を元手にライトライブリフッド賞を創始した。元欧州議会議員。

字幕翻訳:玉川千絵子/校正:関房江
全体監修:中野真紀子

Share this
トラックバックURL - http://democracynow.jp/trackback/287