戦争犯罪人を逃がすな 英国の活動家がボルトン前米国連大使の私人逮捕を試みる

9分
Real動画の再生にはリアルプレーヤー(無料版)が必要です。こちらからインストールしてください(windows版mac版
放送日: 
2008/5/30(金)

5月28日、英国を訪問していた米国のジョン・ボルトン前国連大使が講演中に私人逮捕されそうになりました。逮捕を試みたのは英国の活動家でコラムニストのジョージ・モンビオです。モンビオの説明によれば、米国が数々の国際条約に違反してイラク侵略を開始するにあたり、ボルトンは大きな役割を果たしており、ニュルンベルク条約に違反した戦争犯罪人として訴追されるべきである。しかし英国の警察は対処を怠ったので、自ら逮捕を試みたとのことです。 市民による犯罪容疑者逮捕の権利を実践して、戦争を引き起こした人々の犯罪性に世間の関心を促そうという、モンビオの痛快な作戦について話を聞きました。(中野)

ゲスト

* ジョージ・モンビオ (George Monbiot) 『ガーディアン』紙(ロンドン)のコラムニスト。環境や政治問題の活動家、環境学者。『地球を冷ませ!――私たちの世界が燃えつきる前に』など著書多数。新刊はBring On the Apocalypse: Collected Writing(『終末への道 論文集』)

字幕翻訳:田中泉 / 校正:関房江 全体監修:中野真紀子

Share this
トラックバックURL - http://democracynow.jp/trackback/221