「FBIはどうやってテロリストを作り上げたか」 フロリダの精神病男性を罠にかけた捜査機関

「FBIはどうやってテロリストを作り上げたか」は、FBIがおとり捜査で情報提供者をどのように使っているかを調査しているジャーナリストのトレバー・アーロンソンがニュースサイト『インターセプト』(The Intercept)で公表した暴露記事の副題です。記事は、2012年はじめにFBIが巧妙に仕組んだおとり捜査の標的にされたサミ・オズマカッチという、精神疾患を抱え、経済的にも不安定な若い男性の話が紹介されています。この捜査では、FBIから報酬を受けている情報提供者が、武器を購入するような金は持っていないオズマカッチを雇い入れました。オズマカッチのいわゆる「殉教宣言ビデオ」に映っている武器は、FBIが提供したものでした。このビデオを取った後、オズマカッチは、車爆弾だと思い込んでいたものを、フロリダ州タンパのバーに運ぶ計画でした。オズマカッチの家族は、FBIなしで彼がこのような計画を思いつくことなど、ありえないと考えています。アーロンソンが入手した会話の録音を起こした文書によれば、FBI捜査官も、オズマカッチは「知能遅れの馬鹿」で、テロリストになるという野心も「単なる幻想でしかなかった」と同意しているようにうかがえます。この文書によれば、オズマカッチが武器の手付金を支払うことができるように、FBIが彼の手に500ドルがわたるように画策しています。後には手付金の支払いが検察官の主張を裏付ける証拠とされました。オズマカッチは裁判所が任命した心理学者により統合失調性感情障害と診断されたにもかかわらず、2014年11月に連邦刑務所で40年の刑を宣告されました。サミ・オズマカッチの兄、アブニ・オズマカッチと、NPOフロリダ調査報道センター代表で『インターセプト』に寄稿しているトレバー・アーロンソンに話を聞きます。

画像クレジット: YouTube.com

最近のニュース

2020/4/7(火)

  • アマゾン社が「このパンデミックから利益を得ている」一方で倉庫の作業員が安全な労働環境を求めてスト
  • 不平等がもたらす死:アレクサンドリア・オカシオ=コルテスが語るパンデミックの震源地中の震源地である黒人とラテン系コミュニティ

2020/4/6(月)

  • パンデミックでも「12時間勤務5回で1枚のマスク」 ハーレム病院の看護師が感染防止の改善を要求
  • 「ここで死なせないでほしい」:刑務所内の感染率が急上昇 受刑者が釈放と保護を求める
  • セント・ジョン・ディバイン大聖堂がコロナでキリスト教原理主義グループと協力 司教が説明

2020/4/3(金)

  • 「私たちの身体が危険にさらされている」 コロナ感染死の激増でニューヨーク市の看護師は防護装備を要求する
  • ウイルス感染の蔓延に伴い権威主義も拡大:フィリピンの外出禁止で暴力行使も辞さないドゥテルテ大統領
  • 台湾が新型コロナを封じ込めた秘訣:迅速な初動、テクノロジー、数百万枚のフェイスマスク
  • 移民コミュニティを護れ:米国境の移民キャンプやICE収容施設で致命的なコロナ感染発生に懸念急増

2020/4/2(木)

  • COVID-19に揺れる米国で トランプがギリアド社の税金投入治療薬の独占特許を維持するため 規制を停止
  • 「ソーシャル・ディスタンスは恵まれた人たちの特権」:感染拡大で13億人がロックダウン状態にあるインドで 社会的階級の分断が明らかに
  • 「検査キットが足りない」:パンデミックが拡大する中 南半球の発展途上国では最悪の事態を想定

2020/4/1(水)

  • 「人より利益」:UPS労働者、会社は労働者に新型コロナウィルスの検査で陽性反応が出ても安全を優先しないと批判
  • 病院が限界に達するなか、妊娠中の人々はパンデミック下で一層の不安に直面
  • 「ハッシュタグ・家賃をキャンセルせよ!」(#CancelRent):新型コロナウィルスによる失業急増のなか、賃借人たちが家賃救済を要求し、ストライキを組織