「FBIはどうやってテロリストを作り上げたか」 フロリダの精神病男性を罠にかけた捜査機関

「FBIはどうやってテロリストを作り上げたか」は、FBIがおとり捜査で情報提供者をどのように使っているかを調査しているジャーナリストのトレバー・アーロンソンがニュースサイト『インターセプト』(The Intercept)で公表した暴露記事の副題です。記事は、2012年はじめにFBIが巧妙に仕組んだおとり捜査の標的にされたサミ・オズマカッチという、精神疾患を抱え、経済的にも不安定な若い男性の話が紹介されています。この捜査では、FBIから報酬を受けている情報提供者が、武器を購入するような金は持っていないオズマカッチを雇い入れました。オズマカッチのいわゆる「殉教宣言ビデオ」に映っている武器は、FBIが提供したものでした。このビデオを取った後、オズマカッチは、車爆弾だと思い込んでいたものを、フロリダ州タンパのバーに運ぶ計画でした。オズマカッチの家族は、FBIなしで彼がこのような計画を思いつくことなど、ありえないと考えています。アーロンソンが入手した会話の録音を起こした文書によれば、FBI捜査官も、オズマカッチは「知能遅れの馬鹿」で、テロリストになるという野心も「単なる幻想でしかなかった」と同意しているようにうかがえます。この文書によれば、オズマカッチが武器の手付金を支払うことができるように、FBIが彼の手に500ドルがわたるように画策しています。後には手付金の支払いが検察官の主張を裏付ける証拠とされました。オズマカッチは裁判所が任命した心理学者により統合失調性感情障害と診断されたにもかかわらず、2014年11月に連邦刑務所で40年の刑を宣告されました。サミ・オズマカッチの兄、アブニ・オズマカッチと、NPOフロリダ調査報道センター代表で『インターセプト』に寄稿しているトレバー・アーロンソンに話を聞きます。

画像クレジット: YouTube.com

最近のニュース

2020/7/10(金)

  • ブラジルの疫学者 ボルソナロのCOVIDの対応を非難
  • 最高裁はトランプ大統領の完全免責を否定するも納税申告書の選挙前開示は絶望的
  • 「絶対恐怖の家」メアリー・トランプの本はトランプ一族がソシオパスを育てた経緯を明らかに
  • 「過去半世紀でもっとも重要な先住民関連の判決」 最高裁はオクラホマ州における部族主権を肯定

2020/7/9(木)

  • バイアグラには「イエス」避妊には「ノー」 米最高裁 トランプ政権の主張を支持しオバマケアで義務化された避妊手段の無料提供に制限をかける
  • 次のパンデミックを阻止する方法:疫病の大流行は気候変動危機と農業の工業化と関連性があると国連報告書
  • ベルギーの王女 コンゴにおけるベルギー王家の残酷な植民地支配の過去を非難 賠償金支払いを呼びかける

2020/7/8(水)

  • 米移民税関捜査局、パンデミック対策で授業が完全にオンライン化した場合、留学生の強制送還もあると発表
  • ニューヨーク市の二の舞?新型コロナウイルス感染者の「驚異的」な増加と格闘するテキサス州ヒューストンの医療従事者
  • 新型コロナウイルが浮き彫りにする「人種間における健康の大きな不平等」 最も差別をうけているのが黒人、ラティーノ、先住民

2020/7/7(火)

  • 「実現した夢」:スタンディングロック居留区の長老 何年も反対してきたダコタ・アクセス・パイプラインの閉鎖命令を歓迎
  • 黒人と先住民の団体はどのようにアトランティック・コースト・パイプラインの中止を勝ち取ったか
  • 彼らは私たちの健康には関心がない」:COVIDが拡大するオタイー・メサの移民・関税執行局留置所でハンストをする収容者が証言

2020/7/6(月)

  • 「私たちはトランプを招待していない」:トランプがラシュモア山でおこなった祝賀行事は先住民の主権の侵害
  • 先住民の歴史学者が語る 像の引き倒し スポーツの差別的チーム名 先住民の国における新型コロナウイルス
  • エジプト人活動家ライラ・スウェイフ 自身の子どもの投獄、独裁との闘いを語る