« 前  

2021年2月22日(月)

  次 »
  • 【21/2/22/1】厳しい寒波に襲われたテキサス州では現在も停電と断水が続いており、数百万人が苦しんでいます。約800万人が水を煮沸した後に使用するよう命令を受けており、3万世帯にはまだ電力がありません。この寒波によるとみられる死者は約70人、少なくとも12人が暖房を失った後に自宅で亡くなっています。テキサス州の共和党議員たちの危機対応に批判が集まっています。長年、同州のエネルギー制度の規制緩和を推進し、再生可能エネルギーとグリーン・ニューディールに対するいわれのない攻撃を続けてきました。報道サイト「インターセプト」の上級特派員でラトガーズ大学教授のナオミ・クラインに聞きます。クラインは、共和党議員たちの反応は自らの過失責任に対する「パニックのせい」だと言います。「グリーン・ニューディールは、テキサス州および全米に山積する問題を解決できる法案です。一方、共和党が提供できるのは、さらなる規制緩和、さらなる民営化、さらなる緊縮財政だけです」。バイデン政権の気候危機に関する初期の政策、化石燃料の開発を継続することの危険性、新刊How to Change Everything(『すべてを変える方法』)についても聞きます。

  • 【21/2/22/2】テキサス州では異常寒波のため数百万人が停電に見舞われるなか、幸運にも電気をつけ続けることができた人々がいました。しかし彼らはわずか数日間の電気使用で数千ドルを請求されるという天文学的な高騰に直面しています。パブリック・シチズンのエネルギー部門責任者タイソン・スローカムは、電気代の急騰は州が長年にわたってエネルギー市場の規制緩和を推進した結果だと述べています。「規制緩和の環境では、多くの世帯が契約書の細目を理解できず読みもしないだろうという前提で、悪徳企業が彼らを食い物にしているのです」とスローカムは言います。テキサス州に住むアキラー・スコット・アモスは、嵐の最中に電気代が11,000ドルを超えました。「私は自分の公正な分担金を支払うことに問題はありません。しかしこれは公平ではありません」。

  • 【21/2/22/3】冬の嵐に襲われたテキサス州では、多くの受刑者が暖房も水もないまま日々を過ごしています。数千人の受刑者にとって、もともと酷かった状態がさらに耐え難いものになっています。州当局は、33の刑務所が停電し、州の電力供給が止まった後20の刑務所で水不足が起きていると述べています。これに職員の不足が重なり、氷点下の監房内でも暖をとるための毛布は提供されず、食べ物はとても食べられないものだったと言う受刑者もいます。報道機関マーシャル・プロジェクトの記者ケリ・ブラッキンガーは、「テキサスの刑務所の状態はひどい状態からさらに悲惨な状態になりました」と言います。「自由世界の刑務所ならあるはずのインフラが、ここの刑務所にはありませんでした」。

Syndicate content