« 前  

2021年1月8日(金)

  次 »
  • 【21/01/08/1】トランプ大統領が支持者を扇動して選挙人投票の集計を中断させるため連邦議事堂を襲撃させた後、大統領の辞任もしくは解任を要求する声が高まっています。この騒乱により5人が亡くなりました。そのうち一人は、消火器で頭を殴られたとされる議事堂警察官です。トランプは側近からも見放されつつあり、ベッツィー・デボス教育長官とイレイン・チャオ運輸長官はともにトランプ大統領の任期終了前に辞任することになりました。複数の報道によると、警察官がバリケードの撤去から特定の議員のオフィスへの指示まで、暴徒を支援していることが明らかになっており、議事堂警察のトップも来週には辞任する見込みです。民主党のロ・カンナ下院議員は、共和党議員はトランプ大統領を引き降ろす努力を支持しなければならないと述べます。なにしろトランプ大統領が行った扇動の多くは、選挙不正があったとする大統領の虚偽の主張を支持することを拒否した共和党議員を標的にしたものだったからです。「これは民主党議員だけを狙った攻撃ではありませんでした。どちらかと言えば、共和党議員に対する暴力の扇動だったのです」とカンナ議員は言います。

  • 【21/01/08/2】ジョー・バイデンは、新政権の司法長官にメリック・ガーランドを正式に指名しました。ガーランド判事は20年以上にわたってD.C.巡回区控訴裁判所の首席判事を務め、それ以前には司法省でオクラホマシティ爆破事件の訴追を担当した。2016年にオバマ大統領がガーランド判事を最高裁判事に指名したが(スカリア判事が死去したため)、上院の共和党議員たちが承認投票に進むことを拒否したため、指名は行き詰まった。ネイション誌で司法関連特派員を務めるエリー・ミスタルは、ガーランド判事のこれまでの実績からみれば、彼を司法長官に指名したことは「がっかりさせる」人選だと言います。「思い出していただきたいのですが、(かつてオバマ大統領が)ガーランド判事を最高裁判事候補に選んだ理由は、保守派にも受け入れられるような妥協的な候補者だったからでした。この人物は中道派の判事であり、過去の実績をみれば、私にとっては問題だらけです。警察側に気を遣い、警官による残虐行為や職権乱用について責任を問うことに消極的でした」とミスタルは言います。

  • 【21/01/08/3】米国ではCOVID-19による死者数が過去最高を更新し続けており、フロリダ州では7日(木曜)に一日の新規感染者数が過去最高を記録しました。同州各地で、COVID-19ワクチンの予防接種を受けるための長蛇の列ができ、高齢の市民たちが寒空の下で車の中で一晩過ごすことを強いられています。というのも、ロン・デサンティス州知事が優先的にワクチン接種を受けられる年齢を、CDC(国立疾病予防対策センター)が推奨する75歳よりも10歳も低い65歳へと引き下げ下げたからです。これにより、対象者が増え、重症化リスクの高い高齢者が待たされているのです。79歳以上の高齢者は、コロナウィルス感染で死亡にいたる確率が4倍も高いといわれています。ワクチン接種の順番待ちが2日目に入ったショック夫妻(ジョン79歳とマリア・ルイサ80歳)に話を聞きました。

  • 【21/01/08/4】フロリダ州は一日のコロナウイルス感染者数で新記録を打ち立てました。同州のCOVID-19の発生状況について情報を検閲することを拒否したためフロリダ州保健省を2020年5月に解雇された内部告発者の話を聞きます。レベッカ・ジョーンズはフロリダ州のコロナ感染者追跡ダッシュボードの構築に一役買ったデータ科学者です。彼女は同州が封鎖を解除するための根拠になるようにデータを操作するように命じられ、それを拒否した後、解雇されたと証言しています。12月には、タラハシーにある彼女の自宅に警察の強制捜査が入り、彼女のコンピュータと電話を押収し、家族に銃を向けて命令に従わせました。警察は、フロリダ州保健局のウェブサイトへのハッキング疑惑への捜査の一環だと主張しています。しかし、彼女はすでに何か月も前から当該のウエブサイトへのアクセスを失っており、この強制捜査は告発したことへの報復だったジョーンズは考えています。「フロリダ州当局は、ことあるごとに情報の開示をごまかして逃れてきました」とジョーンズは言います。彼女は今、独立したコロナウイルス・データポータルサイト「フロリダ COVID アクション」を運営しています。

Syndicate content