« 前  

2021年1月7日(木)

  次 »
  • 【21/01/07/1】トランプ大統領の扇動を受けて暴徒化した右派のトランプ支持者が米連邦議会に乱入し、手続きを中断させた数時間後、連邦議会はジョー・バイデン次期大統領の勝利を認定しました。「未遂に終わったクーデター」と称されるこの混乱で4人が死亡しました。今回の暴動は、2020年の大統領選はジョー・バイデンが勝つよう不正に操作されたという、トランプ大統領の嘘が、右翼メディアとSNSによって数か月にわたり拡散された結果でした。1月6日にワシントンで行われた集会で、トランプは連邦議会議事堂に向かうよう支持者に呼びかけました。この呼びかけを受けて、支持者たちはフェンスを押しのけ議事堂前に並ぶ警官の列を破り、議事堂内に侵入、事務所も荒らしたため、議員たちは避難を余儀なくされました。反人種差別主義者活動家で住宅の権利活動家ブリー・ニューサム=バスは2015年、サウスカロライナ州議事堂前で南部連合国旗を引きずり下ろし逮捕されました。彼女は「警察は、警官や政府による人種差別に抗議する運動に対しては、あからさまな軍装備で対抗するのに、昨日(ワシントンで)警察が展開した対応はそれとはあまりに異なる」と語ります。「米国の警察の主な役割が公共の安全を守ることではなく、人種差別を継続することであることは明らかです」(Image Credit: Jim Urquhart/Reuters)

  • 【21/01/07/2】トランプ支持者が暴徒化して連邦議会議事堂に突入し、2020年大統領選挙の結果を覆そうとしたことにワシントンは衝撃を受けています。議員たちはトランプ大統領を暴動扇動で、新たに弾劾することを考慮しています。米南北戦争およびその後の再統合期についての研究者である歴史家マニシャ・シンハは、国内の右翼白人テロリストが民主主義の過程を中断させようとしたのはこれが初めてではないと言います。1868年のウィルミントン暴動他、それ以前にも南部の州ではこの手の事件がありました。「現代のこれらのグループは、当時のテロリストと似ていると思います」とシンハは言います。ドナルド・トランプに対する米国憲法修正第25条適用の呼びかけついては、「昨日のような暴動が起こったことは、我々の民主主義のへの恐ろしい先駆けと成りえます。強い反応を示すべきです」と言います。

  • 【21/01/07/3】米連邦議事堂の乱入事件は世界各地の指導者を戦慄させました。国連事務総長は、暴力的行動を控えるよう支持者に要求することを政治指導者たちに呼びかけました。イギリス、ニュージーランド、オーストラリア、カナダ、インド、日本、フランス、ドイツ、北大西洋条約機構(NATO)、欧州理事会も、ジョー・バイデンへの平和的政権移行を求めています。調査ジャーナリスト、アラン・ネアンにトランプが次に取る可能性のある行動について話を聞きます。またネアンは、ジョー・バイデン次期大統領や他の政治家が、このような暴動は「本来の米国の姿ではない」と言っているが、米国は他国の民主主義を妨害してきた長い歴史があることも指摘します。「米市民は1月6日の国会議事堂乱入事件に大きなショックを受けていますが、米国が長年、中南米、アジア、アフリカ、中東など様々な国で、民主主義運動や選挙で選ばれた政府に対して行ってきた作戦に比べれば、大したことではありません」

Syndicate content