« 前  

2020年12月25日(金)

  次 »
  • 【20/12/25/1】英国の伝説的な著名作家ジョン・ル・カレが89歳で亡くなりました。ジョン・ル・カレは、イラク侵攻に向けて突き進むジョージ・W・ブッシュ大統領やトニー・ブレア英首相を猛烈に批判していました。2003年1月に発表した「アメリカ合衆国は発狂した」という論考は、広く読まれました。ジョン・ル・カレは2010年にデモクラシー・ナウ!に出演し、その際に、この論考を自ら読み上げました。

  • 【20/12/25/2】世界的に有名なイギリスの小説家ジョン・ル・カレが12月12日、89歳で亡くなりました。ル・カレは、半世紀以上にわたり小説を書き続け、スパイ小説の第一人者としての地位を確立しました。彼は1950年代後半から60年代前半まで英国政府の諜報部員として働きました。これは東西冷戦の真っ盛りの時期であり、それが初期の小説の主題となっていました。後期の作品では、グローバリゼーションの不公平性、野放しの多国籍企業の権力、国家の諜報機関が企業利益を守るために果たす役割などに焦点を当てています。代表作には、『寒い国から帰ってきたスパイ』や『ナイロビの蜂』などがあります。ル・カレはまた、9.11同時多発テロ事件に対する米国の反応やブッシュ政権のイラク侵攻に対して激しい批判を行った人物です。2010年には、デモクラシー・ナウ!で異例の詳細インタビューに応じてくれました。

Syndicate content