« 前  

2020年12月1日(火)

  次 »
  • 【20/12/01/1】製薬会社のファイザー社とモデルナ社が新型コロナウイルスワクチンの緊急承認を求めている一方で、公衆衛生機関と調整機関はワクチンをいかに配布し、誰がアクセスできるようにするかを検討しています。パンデミックはアフリカ系米国人、ラテン系コミュニティ、そして先住民コミュニティに偏った打撃を与え、長く続いてきた米国の医療制度の不平等と制度的人種差別を露呈しています。これらのコミュニティはまた、COVID-19ワクチンの臨床試験に適正に含まれていません。その原因のひとつは医療研究者たちによる数世紀にわたる虐待的扱いにあります。ニュージャージー州ニューアークの公衆衛生医師クリス・パーネルに話を聞きましょう。彼女は、COVIDで亡くなった彼女の父親に敬意を表するため、そしてアフリカ系米国人が研究に含まれることを確かにするために、モデルナ社のワクチン治験に参加しています。「公衆衛生医師として、私には解決策の一部になる方法が必要でした。本当に効果的な解決策を得るためには、黒人種と褐色人種が参加することが重要だと私にはわかっていました」と、彼女は言います。

  • 【20/12/01/2】新型コロナウイルスワクチンの配布が近づいていますが、最近の世論調査は42%の米国人がワクチン接種に前向きでないことを示唆しています。これに対し、メリーランド州の元連邦下院議員で大統領選にも出馬したジョン・ディレイニーを含む一部の人々は、ワクチン接種に対価を支払う案を推奨しています。シカゴ大学医学部准教授で医療格差研究者でもあるモニカ・ピーク医師を含む多くの人々は、この動きに反対しています。彼女は、ワクチンの安全性と効力についての民衆の疑念を払拭しつつ感染危険度の高いグループにどうやってワクチン接種を保証するかは大きな課題ではあるが、ワクチンを接種させるために人々に金を払うのは間違っていると考えています。「このワクチンが安全であるという民衆の信頼を得る必要があります。そこを端折るわけにはいきません」と、彼女は言います。

  • 【20/12/01/3】12月1日は「世界エイズデー」(World AIDS Day)です。世界がCOVID-19の効果的なワクチンを待ち望むなか、今も続くエイズのまん延と、新型コロナウイルスがヒト免疫不全ウイルス(HIV)と共に生きる人々の治療にとっていかに脅威になっているかを検証します。作家でジャーナリズム学の教授スティーブン・スラッシャーは、新型コロナウイルスは、エイズが数十年間にわたってしたのと同じように、人種、階級、その他の格差を拡大させている、それに対する効果的な治療は反人種差別的かつ反資本主義的な基礎の上に立つべきだ、と言います。「HIV/エイズによって死亡する人の数はあまりにも多すぎます。2019年は約70万人が死亡しました。問題は単に薬だけではありません。ウイルスに感染することにつながる人々の生活環境なのです」とスラッシャーは言います。

Syndicate content