« 前  

2020年10月13日(火)

  次 »
  • 【20/10/13/1】トランプ大統領が指名した最高裁判事候補エイミー・バレット判事の承認公聴会に反対する数百人が10月12日、上院の外で抗議を行いました。大統領選のさなかにバレットの指名を押し進めようとする上院に反対する座り込み抗議では、少なくとも21人が逮捕されました。上院の民主党議員たちは、故ルース・ベイダー・ギンズバーグ最高裁判事の席をバレット連邦判事が埋めるようなことになれば、彼女の経歴からして、医療保険制度改革法(Affordable Care Act)を覆し、性と生殖に関する権利を脅かす可能性があると警告しています。「トランプと共和党議員たちがしようとしているのは権力の掌握です」と、「大衆民主主義センター」(Center for Popular Democracy)共同事務局長のアナ・マリア・アチーラは言います。抗議2日目を前に、米国最高裁判所前から、アチーラに話を聞きます。彼女は、新型コロナウイルスのパンデミックの中、議員たちは「数百万の人々に緊急援助を提供する、彼らができるすべてのこと」をすることにむしろ集中すべきだと言います。

  • 【20/10/13/2】エイミー・コニー・バレットの上院承認公聴会が開かれていますが、連邦司法のいたるところに右派の判事を置こうとする保守派による数十年の計画に続き、保守派が11月3日の大統領選を前に最高裁にバレットを就任させるためにいかに黒い金を使っているかを検証します。「私たちが直面しているのは疑いなく、少数派支配の強化です」と、上院司法委員会の元スタッフで政策研究団体「トゥルー・ノース・リサーチ」(True North Research)の事務局長リサ・グレイブスは言います。「最高裁判事の定員を増やす必要が言われるのは、実は最高裁判事構成の現状を変える必要があるということなのです。」

  • 【20/10/13/3】ジョージ・W・ブッシュの法律チームの一員として、2000年の大統領選挙をめぐる法廷闘争に関わったエイミー・コニー・バレットを見れば、共和党候補の利益のためなら彼女は進んで法を曲げることがわかる、とマザージョーンズ誌の記者のアリ・バーマンは言います。「それがエイミー・コニー・バレットについて非常に憂慮すべき点です。なぜなら、それがトランプ大統領が現時点で求めていることだからです」と、バーマンは言います。「事実や法律に関係なく、彼は開票に関して彼のやり方に従う最高裁判事がほしいのです。」バーマンはさらに、ジョージア州からアリゾナ州にいたるまで全国で行われている期日前投票において有権者たちが直面している問題も検証します。アリゾナ州では先住民パスクア・ヤキ族が10月12日に、2018年に閉鎖された保留地唯一の期日前直接投票所の復活を求めて訴訟を起こしました。

Syndicate content