« 前  

2020年8月12日(水)

  次 »
  • 11月の米大統領選挙に向け 民主党大統領候補ジョー・バイデンが副大統領候補にカマラ・ハリス上院議員を選びました。彼女は、二大政党の正副大統領候補コンビで史上初の黒人女性、また最初のインド系アメリカ人となりました。「これがどれほど歴史的で記念碑的なことか、誇張するのは難しい」と非白人女性の政治参加と女性リーダーシップを高めるために活動している「シー・ザ・ピープル」(She the People)の代表であるエイミー・アリソンは言います。しかし、バーニー・サンダースの大統領選挙キャンペーンでサンダース陣営の元全米報道官だったブリアナ・ジョイ・グレイは、人種差別的な警察活動に対する米国史上最大の抗議運動(BLM)のさなかで、「カリフォルニア州で最高の取締官として知られていたハリスが選ばれたことには、非常に大きな落胆があります」と述べます。

  • ピューリッツァー賞受賞ジャーナリスト、イザベル・ウィルカーソンは、広範で徹底的な調査にもとづく新著Caste:The Origins of Our Discontents(『カースト:私たちの不満の起源』)のなかで、米国の人種階層制は、インドのカースト制に似たものと考える必要があると主張しています。本日の多岐にわたるインタビューの中で、彼女はまたナチス・ドイツがアメリカのジム・クロウ法をどのように借用したかについての見解を披露します。「ナチスは、ヘイトのしかたを誰かに教わる必要はありませんでしたが、米国に調査員を派遣して、ジムクロウ法を研究させました。米国が自国のアフリカ系アメリカ人を、どうやって従属させ、服従させることができたのかを調査・研究したのです」

Syndicate content