« 前  

2020年7月14日(火)

  次 »
  • 米国がコロナウイルスの感染数で世界一になっていますが、番組では感染率が急増している移民収容施設内の様子を見ていきましょう。合わせて、収容施設に収容されている数千人の移民が7月17日以降に子供たちから引き離される可能性についても検証します。「拘束されている人々の命を救う唯一の方法は釈放です」と、こうした移民・関税執行局留置所内を訪れ、2018年に初めて檻に入れられた子供たちを目撃したジェイコブ・ソボロフは言います。彼はこのときのことを彼の新刊Separated: Inside an American Tragedy(『引き離されて:アメリカの悲劇の内側』)の中に書いています。

  • その名称とマスコットキャラクターがアメリカ先住民に対する侮辱だと約90年間指摘されてきたワシントンDCのナショナル・フットボール・リーグ(NFL)のチームが7月13日、企業スポンサーからの高まる圧力を受け、その差別的な名称を変更すると発表しました。この決定は、このチームに「Rワード」(先住民を指す差別名称)をチーム名から外すよう何年も要求してきた先住民活動家たちにとっての苦闘の末の勝利です。この決定は、「黒人の命も大切」運動によって全米の人種差別を称揚する記念像や記念碑への見直しが迫られているなかで発表されました。ワシントン「R-dsk-ns」(レッドスキンズ)の名称とロゴマークを変更する闘いを主導してきたナバホ族の活動家アマンダ・ブラックホースに話を聞きます。

  • トランプ大統領のお気に入りのFoxニュースのTV番組で、史上最も人気のあるケーブルTV番組「タッカー・カールソン・トゥナイト」(Tucker Carlson Tonight)の主任脚本家が辞任しました。彼は、偽名を使ってネット上のフォーラムに人種差別的で女性を蔑視した、ひんしゅくを買うようなメッセージを投稿していました。そしてタッカー・カールソン自身は休暇を取ると言っています。番組の広告枠は「あき地同然」と、メディア監視団体「メディア・マターズ」(Media Matters)のシニアフェローであるマット・ガーツは言います。ガーツはメディア・マターズのサイトでFoxニュースとトランプ政権の関係について書いてきました。

Syndicate content