« 前  

2020年5月19日(火)

  次 »
  • トランプ大統領は5月19日、抗マラリア薬のヒドロキシクロロキンを服用していると発言しました。しかしこの薬については、複数の研究がその危険性を指摘し、COVID-19の効果的な治療ではないとしています。一方で、米国のCOVID-19による死者数は9万人を超え、米国50州すべての州でメモリアル・デー(5月25日)までには部分的にでも経済活動を再開する準備が進んでいます。各地で進む経済再開のためには検査を大きく向上させる必要があると言う、ハーバード大学の「グローバルヘルス研究所」(Global Health Institute)所長アシシュ・ジャー医師に話を聞きます。彼は、米国における正確な検査の不足をこの国の「アキレス腱」と呼び、「検査をめぐる話は、今の我々の状態を導いた大きな失敗の1つとして記憶されるでしょう」と言います。

  • 多くのジャーナリストが命をかけて新型コロナウイルスを取材しているのに、メディア企業は雇用と給与を減らしています。この1週間で、バイス、クォーツ、エコノミスト、バズフィード、コンデナストの各社で数百人のジャーナリストが解雇されました。ニューヨークタイムズ紙は4月に、パンデミック開始以来、報道機関で3万6000人が解雇、一時帰休または減給されたという試算を出しました。受賞歴のあるジャーナリストで、デンバー・ポスト紙の元編集者のグレゴリー・ムーアに話を聞きます。彼は「経済封鎖のために、これらの新聞に広告が来なくなっているのです。そしてそれが、壊滅的な解雇と一時帰休につながっています。市民が今まで以上に上質な情報を本当に必要としているというときにです」と話します。3月に解雇されたフリーランス・ジャーナリスト、アンジェリー・メルカドにも話を聞きます。

Syndicate content