« 前  

2020年3月25日(水)

  次 »
  • ニューヨーク都市圏は新型コロナウイルスの全米の新規感染者の60%を占めており、全米の感染者の半数にのぼります。ニューヨーク州知事のアンドリュー・クオモは24日、入院患者の数は今後40日間にピークを迎えるだろうとのべましたが、ニューヨーク市ではこれからピークを迎えるというのに、すでに医療従事者防護具や感染者の生命維持に必要な装備が不足していると述べました。パンデミックの最前線で働いている二人から詳しく話を聞きます。ショーン・ペティーはブロンクスの公立病院小児救急室の登録看護師であり、ニューヨーク州看護師連盟の役員を務めています。ケリー・カブレラはブロンクスの公立病院の救急室の看護師です。

  • ヨーロッパにおける感染の中心地のひとつであるスペインのマドリードを見てみましょう。マドリードでは医療関係者が同国感染者の14%近くを占めています。多くの人が防護医療品の不足に直面しています。あまりに多くの人が亡くなったため、マドリード市の葬儀場は遺体の収容を停止しました。大きなアイススケート場は現在臨時の遺体安置所として使用されており、政府はコロナウイルスの感染拡大阻止のため、緊急事態を15日間延長しました。「マドリードが国だとしたら、世界で5番目に高い死亡率の国となる」と、ジャーナリストのマリア・キャリオンは述べています。彼女は以前デモクラシー・ナウのニュースプロデゥーサーを務めていました。

  • プエルトリコでは23日、感染数が39名、死者2名が報じられる中、プエルトリコ政府はパンデミックによる経済的影響への対策として7億8700万ドルという記録的規模の財政支援を発表しました。今回のパンデミックは、今年初めの一連の壊滅的な地震に続き、プエルトリコがまだこの島のインフラを破壊し3000人以上の死者を出したハリケーン・マリアからの影響とたたかっているさなかに起きています。「トランプ政権やFEMA(アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁)に関して明白だと思うことの一つは、私たちは人間であり、司法や緊急事態、人間の尊厳において私たちを他の人々と平等に扱う必要があるということ彼らに忘れないようにさせ続けなければならないということです」とゲストのサン・フアン市長カルメン・ユリン・クルスは述べています。

  • リチャード・バー共和党上院議員の辞任を求める声が高まっています。彼は、コロナウイルスが世界経済に与える脅威について、公務で得られる特権的説明を受けた後、170万ドルにのぼる保有株式を売却し[損失を回避した]と報じられています。プロプブリカ(アメリカの非営利・独立系の調査報道オンライン・ニュース)の報道によれば、上院情報委員会の委員長を務めるバー上院議員は2月13日、保有する株式を33回にわたって売却しました。その当時彼はコロナウイルスに関する非公開の情報を知りうる立場にあり、毎日、情勢報告を受けていました。株式市場はバー上院議員の売却の1週間後に急落を始め、以来、株価は30%の下落となっています。この件を暴露した記者の一人、プロプブリカのデレク・ウイリスから詳しく聞きます。

Syndicate content