« 前  

2020年1月7日(火)

  次 »
  • 米国の2016年の大統領選から英国のEU離脱推進運動、そしてマレーシア、ケニヤ、ブラジルを含むその他60カ国以上の選挙において、怪しげなデータ会社ケンブリッジ・アナリティカが、世界中の有権者をいかに操作してきたかについての新たな詳細情報が明らかになりつつあります。一連のケンブリッジ・アナリティカの内部文書とEメールがツイッターに新たに投稿され、トランプ大統領の国家安全保障担当前補佐官ジョン・ボルトンとの仕事を含む、同社の活動内容の詳細を語っています。こうした文書は、ケンブリッジ・アナリティカの内部告発者ブリタニー・カイザーが漏えいしたものです。彼女は2018年に退職するまで同社で3年半働いていました。アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞の最終選考に残った『グレート・ハック: SNS史上最悪のスキャンダル』の共同監督ジャハニ・ヌージャイムとカリム・アーメル、この映画の主題となったケンブリッジ・アナリティカの内部告発者でTargeted: The Cambridge Analytica Whistleblower’s Inside Story of How Big Data, Trump, and Facebook Broke Democracy and How It Can Happen Again(『標的:ビッグデータとトランプとフェイスブックが民主主義を破壊した過程と再びそれが起こる理由』)の著者ブリタニー・カイザー、そしてバード大学の人権分野の客員研究准教授でPropaganda Machine: Inside Cambridge Analytica and the Digital Influence Industry(『プロパガンダ・マシン:ケンブリッジ・アナリティカとデジタル関連産業の裏側』)を近刊予定のエマ・ブライアントに話を聞きます。

  • アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞の選抜候補に残った『グレート・ハック: SNS史上最悪のスキャンダル』は、データ会社ケンブリッジ・アナリティカが、2016年の米大統領選直後に、ソーシャルメディアの闇の象徴として立ち現れてきた過程を描いています。2018年5月にザ・オブザーバー紙がケンブリッジ・アナリティカが約8700万人分のフェイスブックのプロフィールをユーザーへの通知や承諾なしに収集していたことを明らかにし、同社はその後倒産しました。ケンブリッジ・アナリティカは、そのデータを2016年の大統領選中にトランプ大統領を支持するよう有権者を揺さぶるために使いました。『グレート・ハック: SNS史上最悪のスキャンダル』の共同監督カリム・アーメルとジャハニ・ヌージャイム、ケンブリッジ・アナリティカの内部告発者ブリタニー・カイザーに話を聞きます。

  • データ収集、標的広告、有権者操作というケンブリッジ・アナリティカのような会社によって使われている手法についての討論を続けます。2018年5月にザ・オブザーバー紙が,秘密めいたケンブリッジ・アナリティカ社が約8700万人分のフェイスブックのプロフィールをユーザーへの通知や承諾なしに収集していたことを明らかにし、同社はその後倒産しました。 一連のケンブリッジ・アナリティカの内部文書とEメールがツイッターに新たに投稿され、トランプ大統領の国家安全保障担当前補佐官ジョン・ボルトンとの仕事を含む、同社の活動内容の詳細を語っています。 アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞の選抜候補として残っている『グレート・ハック: SNS史上最悪のスキャンダル』の共同監督ジャハニ・ヌージャイムとカリム・アーメル、この映画で取り上げられたケンブリッジ・アナリティカの内部告発者でTargeted: The Cambridge Analytica Whistleblower’s Inside Story of How Big Data, Trump, and Facebook Broke Democracy and How It Can Happen Again(『標的:ビッグデータとトランプとフェイスブックが民主主義を破壊した過程と再びそれが起こる理由』)の著者ブリタニー・カイザー、そしてバード大学の人権分野の客員研究准教授でPropaganda Machine: Inside Cambridge Analytica and the Digital Influence Industry(『プロパガンダ・マシン:ケンブリッジ・アナリティカとデジタル関連産業の裏側』)を近刊予定のエマ・ブライアントに話を聞きます。

Syndicate content