« 前  

2019年6月27日(木)

  次 »
  • 米民主党大統領候補の討論会がフロリダ州マイアミで行われました。討論会の会場は、保護者から引き離された2000人の子どもたちが収容されている民営の刑務所があるホームステッドから1時間も離れていない場所にあり、この刑務所はトランプの元首席補佐官で元海兵隊大将のジョン・ケリーが取締役を務めるカリバーン社が運営しています。討論会の前にエリザベス・ウォーレン上院議員とエイミー・クローブシャー上院議員がこの収容所を視察しました。討論では元住宅都市開発省長官フリアン・カストロが、同じくテキサス州出身の元下院議員ベト・オルークの移民政策を批判しました。討論の一部を放送するとともに、「大衆民主主義センター」(Center for Popular Democracy)のアナ・マリア・アチーラに話を聞きます。(画像クレジット:NBCニュース)

  • 6月26日に行われた2020年民主党大統領候補討論会の第一夜では、経済、ヘルスケア、移民、銃規制、イラン外交、気候変動について討論されました。この討論会にはマサチューセッツ州選出のエリザベス・ウォーレン上院議員、ミネソタ州選出のエイミー・クローブシャー上院議員、そしてハワイ州選出のトゥルシー・ガバード下院議員の女性候補者3人が参加した歴史的な夜となりました。米国の主要政党の討論会に複数の女性候補が参加したのはこれが初めてです。非白人女性の政治参加を後押しする「シー・ザ・ピープル」(She the People)創設者エイミー・アリソンに女性候補、対アフガニスタンおよびイラン外交政策について話を聞きます。アリソンは第一湾岸戦争時に良心的兵役拒否を行使し名誉除隊されました。

  • 米民主党大統領候補討論会がマイアミで行われましたが、「サンライズ・ムーブメント」(Sunrise Movement)の気候変動活動家は、首都ワシントンで気候変動を中心テーマとした討論会の開催を拒否した民主党全国委員会(DNC)への抗議活動を続けており、今もDNC本部前に居座っています。6月26日の2時間に渡る討論で、気候変動問題に割かれた時間はたった7分でした。

  • エリザベス・ウォーレン上院議員は6月26日の米民主党大統領候補討論会で政府の構造改革を提案し、当選の暁には大学を無償化し、民間の健康保険を完全に廃止すると述べました。タイム誌の編集主幹でWinners Take All: The Elite Charade of Changing the World(『勝者が全てを手に入れる――世界を変えると言うエリートの見え透いた言葉遊び』)の著者アナンド・ギリダラダスに、討論会でのウォーレンの評価と2020年の大統領候補が直面する問題について話を聞きます。また、本日の大統領候補の討論会についての円卓会議を行います。参加者は気候変動活動を行う「サンライズ・ムーブメント」(Sunrise Movement共同創設者バーシニー・プラカーシュ、「シー・ザ・ピープル」の創設者エイミー・アリソン、「大衆民主主義センター」(Center for Popular Democracy)共同事務局長のアナ・マリア・アチーラです。(画像クレジット:NBCニュース)

Syndicate content