« 前  

2019年1月30日(水)

  次 »
  • 米国はベネズエラのニコラス・マドゥロ大統領打倒を試み、ベネズエラ政府への圧力をじわじわと強化し続けています。米国務省は29日、ベネズエラ政府が米国の銀行に保有している口座の管理権限を野党の指導者で、先週、暫定大統領就任を宣言したフアン・グアイドに与えていることを明らかにしました。一方で米国は、ベネズエラへの軍事的介入の可能性については明言を避けました。受賞歴のある調査報道ジャーナリスト、アラン・ネアンに時間いっぱいを使って話を聞きます。

  • ベネズエラのニコラス・マドゥロ大統領政権の転覆をめざす動きが続く中、、マイク・ペンス副大統領は29日、新任の大統領特使エリオット・エイブラムズと共に、ベネズエラの反大統領勢力のメンバーとホワイトハウスで会談しました。エリオット・エイブラムズは右派のタカ派であり、イラン・コントラ事件の際に議会に対する偽証で1991年に有罪判決を受けましたが、後にジョージ・ブッシュ(父)大統領によって赦免されました。エイブラムズは、1980年代のグアテマラにおいて先住民の大量殺害と拷問を指揮し後にグアテマラの独裁者となったエフライン・リオス・モント将軍を擁護しました。リオス・モントは後に虐殺で有罪判決を受けました。エイブラムズはまた、ウゴ・チャベスの失脚をはかった2002年のクーデターにも関与しました。エイブラムズの履歴を、調査報道ジャーナリストのアラン・ネアンと検証します。ネアンは過去30年以上にわたってエイブラムズを詳細に追跡しています。ネアンは、ジョージ・ポーク賞を二度受賞し、ロバート・F・ケネディ記念賞も受賞しています。

  • トランプ政権がベネズエラのニコラス・マドゥロ打倒計画を進める中、米国はベネズエラの国営石油会社からの石油の輸入を事実上、禁止しました。この経済制裁には例外がもうけられていて、シェブロンやハリバートンなどの米国企業数社はベネズエラでの活動継続が許されています。数々の受賞歴のあるアラン・ネアンから、ベネズエラの石油民営化への策動について詳しく聞きます。

Syndicate content