« 前  

2019年1月18日(金)

  次 »
  • 17日水曜日、シリア北部マンビジのレストランで自爆攻撃があり、アメリカ人4人を含む19人が死亡しました。亡くなったアメリカ人のうち2人は服務中の米兵でした。過激派組織ISIS(イスラム国)が犯行声明を出していますが、ちょうど一週間前にトランプ大統領は同組織に対する勝利を宣言し、シリアからの米軍の撤退を命じてジム・マティス国防長官の辞任を招いていました。自爆攻撃から数時間のうちに、マイク・ペンス副大統領がISISは敗北したと繰り返し宣言しました。しかし、この水曜日の攻撃によって、共和党と民主党の両方のタカ派議員から、トランプのシリア撤退宣言の撤回を求める声が再び大きくなりました。米国は推定2000人の兵士をシリアに駐留させていますが、議会はこれまで一度もシリアに宣戦布告していません。カリフォルニア州選出のロー・カンナ民主党議員に話を聞きます。彼は米国の他国への軍事介入を批判する第一人者です。

  • 米国とラテンアメリカの親米諸国は、ベネズエラに対し、ニコラス・マドゥロ大統領の追放をめざす協調干渉とみられる圧力を一段と強めています。マドゥロは野党候補者がボイコットした昨年5月の大統領選で勝利し、先週ようやく就任を果たし二期目の6年の任期を開始しました。マドゥロ就任の数日前、野党のフアン・グアイド議員が国会議長に就任し、ただちにマドゥロを「地位強奪者」と宣言する決議を行い、マドゥロの解任を試みました。米国やブラジルなどの国々はこの動きを歓迎しています。政治危機の高まりを受け、マドゥロ大統領は国連に働きかけ、ベネズエラ国内の和平のための対話の場をつくる手助けを求めています。ベネズエラのホルヘ・アレアサ外務大臣に話を聞きます。彼は今週、アントニオ・グテーレス国連事務総長と会談しました。

Syndicate content