« 前  

2019年11月27日(水)

  次 »
  • 20年前の今週、数万人の活動家がシアトルに集まり、世界貿易機関(WTO)の閣僚会議を中止させました。市民運動のオーガナイザーたちは、非民主的で、世界中の労働者の権利、環境、先住民族に害を及ぼすと多くの人々が見なすグローバルな貿易協定に、世界の首脳、各国政府の貿易相、企業幹部らが署名するのを阻止しました。1999年11月30日、活動家たちはシアトル・コンベンションセンターの周囲で人間の鎖を形成し、市の中心街を閉鎖しました。警官隊は、大半が平和的に抗議していた群衆に向けて、催涙ガスとゴム弾を発砲しました。抗議行動は5日間続き、600人が逮捕されましたが、最終的にWTO協議は中断し、シアトルの警察署長は辞任しました。この抗議の様子は、ドキュメンタリー映画This is what democracy looks like(『これが民主主義だよね』)に記録されています。私たちデモクラシー・ナウ!も、20年前シアトルの街頭で取材していました。そして、ライブ放送のひとつで、WTO批判の先頭に立つ2人の重要人物、インドの物理学者で活動家のバンダナ・シバとNPO団体パブリック・シチズンのロリ・ウォラックに話を聞いていました。

  • 今週は、世界貿易機関(WTO)の会議を中止させたシアトルでの歴史的な抗議運動から20周年を迎えますが、それはまた、初の独立メディアセンター(Independent Media Center)が誕生した時でもありました。催涙ガスの煙りの中で、何百人ものボランティア記者が、何が起きているのかを記録しました。その週、独立系ウェブサイト、indymedia.orgは、CNNを超える150万のアクセスを得て、連日、ビデオレポートと新聞を作成しました。世界的な市民ジャーナリスト運動の初の送受信ステーション(ノード)になったのです。このいきさつを最もよく知っている人たちに話を聞きます。ジル・フリードバーグはシアトル・インディペンデント・メディアセンターの共同設立者であり、シアトルのWTOドキュメンタリーThis is What Democracy Looks Like (『これが民主主義だよね』)の共同プロデューサーです。リック・ローリーは、アカデミー賞にノミネートされた映画製作者であり、Midnight Filmsの独立ジャーナリストであり、This is What Democracy Looks Likeの共同プロデューサーでもあります。ティシュ・ストリンガーとルネ・フェルツは、今週末にライス・メディアセンターで開催されるインディメディア20周年記念イベント「インディメディア・エンクエントロ(Indymedia Encuentro)」の共同主催者です。ストリンガーはライス大学のフィルム・プログラムマネージャーで、インディメディアに関する著書Move! Guerilla Films, Collaborative Modes and the Tactics of Radical Media Making(『動け!ゲリラ・フィルム、協働メディア、ラディカル・メディア制作の戦術』)の著者でもあります。フェルツはシアトルWTOの抗議に参加し、ヒューストン独立メディアセンターの設立に関わりました。彼女は長年にわたりデモクラシーナウ!のプロデューサーであり、またニューヨーク市のインディメディアから生まれた新聞、「インディペンデント」(Indypendent)など各紙のレポーターでもあります。

Syndicate content