« 前  

2019年11月22日(金)

  次 »
  • コロンビアでは21日(木)、近年最大規模の全国ストライキが決行され、数十万人もの人々が街頭に出ました。労働組合、学生、教員、先住民やアフリカ系コロンビア人の活動家たちが、右派のイバン・ドゥケ大統領とその内閣に対する怒りの高まりを背景に、都市部も農村も含めたコロンビア全土で平和的な行進に参加しました。この抗議運動のきっかけとなったのは、ドゥケ大統領が労働改革や年金制度改革を提案したことに加え、体制に歯向かう麻薬密売人たちのキャンプとされるものを空爆して8人の子供を殺害したことでした。警察はボゴタ、カリ、メデリンの各都市で、弾圧作戦と催涙ガスで抗議運動に対応しました。ベネズエラ、エクアドル、ブラジル、そしてペルーとの国境は、この全国ストライキのために封鎖されました。政府に対する憤りは、2018年8月に米国支援のドゥケ大統領が就任して以来ずっと醸成されてきたものです。ドゥケ大統領は、コロンビアの半世紀にわたる紛争に終止符を打つ2016年に署名された歴史的な和平協定に妨害行為を働いていると、社会活動家たちは絶えず非難してきました。コロンビアのカリ市から、長年の活動家マヌエル・ローゼンタールに話を聞きます。彼は、青少年や先住民コミュニティ、都市部と農村の社会運動を草の根レベルで政治的に組織化する活動に40年間かかわってきました。

  • スウェーデン検察当局は今週、ウィキリークス創設者ジュリアン・アサンジに対する性的暴行の申し立てに関する調査を打ち切りました。2010年にさかのぼる事案です。終始この申し立てを否定してきたアサンジは、この容疑でスウェーデンに引き渡されることを避けるため、ロンドンのエクアドル大使館に7年以上も避難していました。英当局は今年4月にアサンジをエクアドル大使館から引きずり出し、ロンドンのベルマーシュ刑務所に投獄していました。その罪状は、アサンジが2012年に英国内で保釈中の身でありながら、今はもう取り下げられた性的暴行の容疑でスウェーデンに引き渡されるのを避けるためエクアドル大使館に逃げ込み、保釈条件を破ったというものです。米国は依然、アサンジの身柄引き渡しを求めています。米国に引き渡されれば、彼はハッキング容疑と、イラクとアフガニスタンにおける米国の戦争犯罪を暴露する米軍内部文書および国務省の外交機密文書を公開した容疑で、第一次世界大戦時代の諜報活動取締法(スパイ法)違反の17件の罪状により、最長175年の禁固刑を受ける可能性があります。完全な引き渡し審問は来年2月に行われます。拷問に関する国連特別報告者ニルス・メルツァーの発言を放送します。彼は、アサンジの主張に対して抱いていた当初の懐疑的な見解は、証拠と容疑内容を掘り下げてみるに従い変わってきたと言います。「表面を少し剥がしてみると、そこから浮かび上がる事実は私の中の彼のイメージと全く合致しなかった」と、最近のコロンビア大学での講演でメルツァーは述べました。「深堀りすればするほど、より多くのでっち上げに行き当たるのです」。

  • スウェーデン検察当局は今週、ウィキリークス創設者ジュリアン・アサンジに対する性的暴行の申し立てに関する調査を打ち切りました。2010年にさかのぼる事案です。終始この申し立てを否定してきたアサンジは、この容疑でスウェーデンに引き渡されることを避けるため、ロンドンのエクアドル大使館に7年以上も避難していました。英当局は今年4月にアサンジをエクアドル大使館から引きずり出し、ロンドンのベルマーシュ刑務所に投獄していました。その罪状は、アサンジが2012年に英国内で保釈中の身でありながら、今はもう取り下げられた性的暴行の容疑でスウェーデンに引き渡されるのを避けるためエクアドル大使館に逃げ込み、保釈条件を破ったというものです。米国は依然、アサンジの身柄引き渡しを求めています。米国に引き渡されれば、彼はハッキング容疑と、イラクとアフガニスタンにおける米国の戦争犯罪を暴露する米軍内部文書および国務省の外交機密文書を公開した容疑で、第一次世界大戦時代の諜報活動取締法(スパイ法)違反の17件の罪状により、最長175年の禁固刑を受ける可能性があります。完全な引き渡し審問は来年2月に行われます。新刊書In Defense of Julian Assange(『ジュリアン・アサンジ擁護論』)の共同編集者の二人に話を聞きます。タリク・アリは歴史家、活動家、映像作家、著述家、左派系評論誌『ニュー・レフト・レビュー』の編集者です。マーガレット・ラトナー・クンストラーは、独立開業公民権弁護士です。

Syndicate content