« 前  

2019年8月7日(水)

  次 »
  • 米国で最も影響力のある作家の一人であるトニ・モリスンが今週、肺炎の合併症により88歳で亡くなりました。1993年、モリスンはノーベル文学賞を受賞した最初のアフリカ系アメリカ人女性となりました。1988年の古典的名作『ビラヴド』ではピュリッツァー賞も受賞しています。モリスンの作品の多くはアフリカ系アメリカ人女性の経験に焦点を当てたもので、その執筆スタイルは黒人の口承のリズムを尊重しました。作品は人種と歴史、特に大西洋を横断した奴隷制度の罪と共同体による潜在的な回復力に深く関わっていました。2012年、オバマ大統領はモリスンに大統領自由勲章を授与しました。トニ・モリスンの親しい友人で伝説的な作家でもある3人に話を聞きます。作家で活動家のアンジェラ・デイビス、詩人・活動家・教育者のニッキ・ジョバンニ、そして数々の受賞歴のある詩人ソニア・サンチェスです。

Syndicate content