« 前  

2019年5月17日(金)

  次 »
  • 5月15日、アラバマ州のケイ・アイヴィー知事は、母体の健康が危険な状態である場合を除き事実上中絶の手術を全面禁止する、全米で最も厳しい人工中絶禁止法に署名しました。この法案はレイプや近親相姦による妊娠でも中絶を認めないとしており、中絶を施した医者は99年間の禁固刑となるとされています。州内最後の3つの中絶サービスを提供する診療所の1つ、「アラバマ・リプロダクティブ・オルタナティブのための女性センター」(Alabama Women’s Center for Reproductive Alternatives)の医療部長、ヤシカ・ロビンソン医師に話を聞きます。彼女はアラバマ州に住んで働いている中絶を施術する2人の医師の1人です。新しい法律では、彼女が自分の職務を果たすことによって残りの人生を刑務所で過ごさなければならなくなる可能性があります。

  • 5月第3週、米最高裁判所のステファン・ブレイヤー判事が、ロー対ウェイド判決(中絶に対し憲法上の権利を認める判決)が危機にあることを示唆する裁判席からの発言を行ない、多くはそれを真摯な警告と理解しています。彼はこのコメントを、40年前の判例を覆すことが票決された別件の判決への異議表明の中で述べました。「本日の判決だけでも、次に棄却されるのがどの判例かを考えさせられる」と述べました。ロー判決転覆後のアメリカはどのように見えるのか、そして全米で既に中絶へのアクセスが絶たれている人はどれぐらいの数なのかについて、ジャーナリストのロビン・マーティ記者に話を聞きます。

  • トランプ大統領は米国内に家族がいる難民申請者や移民希望者にさらに制限をかける一方で、「高い技術」を持ち英語を話せる労働者を優先する、「能力ベース」と呼ばれる新しい移民制度案を明らかにしました。法制の詳細はまだ明らかにはされていませんが、トランプの提案は、民主党主導の下院がトランプ政権と移民政策をめぐって衝突を繰り返している議会で行き詰まると思われます。トランプの移民政策は米国への亡命希望者を悲惨な状況に追いやっています。5月15日には、2歳半の移民の男児とその家族が米国税関・国境警備局に拘束された3日後、男児が米国の管理下で死亡しました。すでに米国内で確立されている移民のコミュニティも移民税関捜査局(ICE)の標的にされており、トランプ政権に抗議の声を上げることで監視対象にされていると活動家は主張しています。活発な発言を行なっている著名な移民保護活動家の2人、マル・モーラ・ビリャルパンドとラヴィ・ラビグアに話を聞きます。彼ら自身も国外追放と闘っておりその活動を標的にされてきました。モーラ・ビリャルパンドは「抵抗」(La Resistencia)と「われらの民」(Mijente)という団体と活動しており、ラビグアは「新サンクチュアリ連合」(New Sanctuary Coalition)の事務局長です。先月、連邦控訴裁判所は言論の自由の件でラビグアを支持する判決を下しており、合衆国憲法修正第一条では、ICEが政治的な発言に基づいて活動家を国外追放の対象にすることを禁止しています。

Syndicate content